FC2ブログ

ゲゲゲの演出日記 第三回「ゲゲゲのメーター」

ゲゲゲの演出日記 第三回
「ゲゲゲのメーター」


こんにちは、このブログ制作メインの方に添削してもらいながら、書いてるんですが前回の記事をみて、「ジメジメした記事書きやがってこのしいたけ野郎!」って言われました。その人、嫌いなものしいたけなんですって。しかもTwitterの紹介文で暗いことを強調されました。泣きました。


稽古に関して言うと今週の土曜日に初通しを迎えます。役者は台本をはずして、初めて人前で演技します。毎度のことなので覚悟してるんですが、ダメ出しではボロクソに言われるだろうな、と思います。でも課題が見えない状態の方が100倍怖いので、ありがたくダメ出しを頂戴しようと思います。上演時間とかもわかると思うのでまた発表しますね!


さて、稽古してて思うこと。演技してる役者からのエネルギーって普段会話をするとき以上に自己主張が激しいです。その人のエネルギーが今どんなことに使われてるのか、みたいなのがなんとなく感じられる気がします。全部僕の気のせいかもしれませんが、役者が集中してる時ってエネルギーが体から出てるんですよね。熱量も含まれる、もっと根本的なもの。なんかイメージとしては水が溢れでる感じですかね〜


天才と呼ばれる人の秘訣はそういったエネルギーの質と量、そして使い方なのかなとか思ったり。「エネルギッシュな人って天才なんだ」「常に留学とか興味関心に突き進む人って天才の類や」って思います。尊敬してるけど、そもそものエネルギーが違うから真似しすぎないように気をつけてます。それにしてもエネルギーっていう概念に名前をつけようってかんがえた人って偉大だな〜。


一回生はまだそのエネルギーを演技に使う方法がわかってなかったり、そもそも集中ができてない感じがしますね。恥ずかしくて隠してる人も。その人たちのエネルギーを引き出すお手伝いが僕の仕事の一つだと思うので、頑張ってお手伝いしていこうと思います。でも、新鮮な演技ってほんとに貴重だし、最初の舞台がなんだかんだ一番評判いいって人多いんですよね。それは多分いい意味で悪い意味でも慣れてしまうから。慣れは役者の敵だとぼく自身、苦い経験を踏まえて感じているので、正直羨ましい。若さに嫉妬してます。エネルギーが演技に凝縮されたら一回生とどんな風に芝居がつくれるのか楽しみだなぁ〜と。


そんな一回生たちとすでにマブダチになっているのが、三回生の川崎さん。彼のエネルギーは濃すぎてどうしても注意がひきつけられます。あの人は本当にエネルギー量がすごい。エネルギーはほとんど気遣いに使われている「気遣いの鬼」みたいな人なんですが、それでも有り余ってるみたいです!あと、ここだけの話。川崎さんは髪がモジャモジャしてて、サラサラの僕の髪にすごく嫉妬してます。暇さえあれば、ぼくの髪を羨ましそうにみてるのでまちがいないです。そんなモジャ崎さんを是非見にきてください!

『ゲゲゲのげ 〜逢魔が時に揺れるブランコ〜』
演出:和田見慎太郎

ゲゲゲの演出日記 第二回「ゲゲゲの負けん気」


ゲゲゲの演出日記 第二回
「ゲゲゲの負けん気」

前回は導入な内容でしたが今回からエンジン全開で行きますよ〜!なんか恥ずかしい〜!


プロの劇団って演劇をする上で見なきゃどうしようもないと思うんですよね。特に同志社小劇場は各々がやりたい作品を持ち寄るシステムなので、自分がやりたいと感じるために必要だと思うんですよ。というか、演出としても役者としてもプロの技術をパクらないとそれ以外に技術を教えてくれるものってないですよね。本やワークショップも大事なんですが、それはどっちかというと積み重ねが大事なのでいつ効果がでるかわからない、と思います。

で、当たり前なんですが、プロと自分たちの作品のクオリティを比べるとやっぱりその差が明らかになっちゃいますよね。同志社大学演劇サークル界隈でよく戯曲を使わせてもらってる大人計画やナイロン100°Cと比べたら、そりゃねぇって感じですよね。プロだもん。でもこの差って正直許せないんですよね。だってなんだか自分たちのやってること下位互換みたいじゃん。どうしても勝てないなんて思いたくない。こんなに大学生活犠牲にしてるのに!

何が言いたいかって言うと、演劇は自分のことを責めなければ出来ないもの、なんです。ぼくにとって。それは劣等感だったり、例えば障害を持つ人を扱ったりする、題材の重さだったり。過去の先輩たちの積み重ねだったり(過去公演の映像見て、自信なくすことばかり)色々あります。それこそ、演劇人口の増加にわりと重要な役割を学生劇団は担ってると思うし・・・。作品を比べれる訳ではないと言うけれど、お手本にするものが明確にあるからどうしたって比べざるを得ないと思うんです。


今回の「ゲゲゲのげ」の主人公、自分を責め続けてるような子です。理由も性格も違うけれど少しだけ自分を責めることに関して共感してしまいます。演じるのは座長の岡田拓さん!精神的に身動きが出来なくなってる拓さんの演技、本当に良いんです。たまらん!!ぜひ見に来てください!

『ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ~』
演出 和田見慎太郎

ゲゲゲの演出日記 第一回「ゲゲゲの決意」

第一回「ゲゲゲの決意」

今日から今公演の演出をする和田見が稽古場の様子だったりを報告しようと思います!名付けてゲゲゲの演出日記!👺

今回上演する台本は渡辺えりさん作の「ゲゲゲのげ」という作品です。実はこの作品になるにあたって様々な紆余曲折がありました。

実は引退公演の作品を決めるにあたって、候補の中にケラリーノサンドロヴィッチさん作の「我が闇」がありました。この作品、京都大学の演劇サークルケッペキさんが今度やるらしいんですね〜笑だだかぶり!しかもあっちの方が発表早かったんで内心あぶね〜〜って思ってました!笑ケッペキさんのやるわが闇楽しみですね〜。

今回の「ゲゲゲのげ」実は今年卒業した先輩方がやろうとしていたそうな・・・!ただ、難しいレパであることや、実際上演した作品が魅力的だったこともあり、上演されなかった幻の作品になってしまっていました。ところが今回引退する現3回生の先輩方が「死ぬ気でやるからやらせてくれ!!」と台本選びで宣言したことでこの作品に決定!演出の僕としては正直怖かったのですが、(めっちゃ大変そうだから)引退生の熱意に押され、という経緯があったのでした。そんな今回の引退公演!!ぜひ普段飄々としている3回生の死ぬ気をみにきていただきたいです!


『ゲゲゲのげ〜逢魔が時に揺れるブランコ〜』
作:渡辺えり 演出:和田見慎太郎
日時:10月20日(金)18:30
10月21日(土)13:00/19:00
10月22日(日)13:00
会場:同志社大学新町別館小ホール


いかがだったでしょうか?こんな裏話だけでなく、色々書くつもりですので、お楽しみに!!
プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる