FC2ブログ

寝る子は育つが本当なら、昼まで寝てる僕はだいぶ育ってるはず

身長すら伸びない。おかんが言ってた、「あんた足でかいから身長伸びるよ」も嘘。。
同志社小劇場3回生のまつばらです。


引退公演に向けての稽古が、明日から3週目を迎えるんですよ。ゲゲゲのげ〜〜〜〜
3週目の終わりには通し稽古とかも予定されてて、気合いだわ〜〜
明日から学校、気合いだわ〜〜


去年の引退公演で初めて役者として、公演に参加して
あれからもう一年経ったって考えたら
時が経つのは早いですよね。。って感じで


ブログ何書けばいいかわかんなくて、去年のブログ読んでみたら
秋学期からは勉強頑張りますって20の自分が書いてて
あの頃と、ぜんぜん変わらない〜取得単位数〜〜
奥華子が探していた変わらないものってこれのことかな?時かけ〜〜〜〜卒業できない未来が待ってる〜〜

うそうそ、、、、、
留年候補の1人として数えられてますけども
確かにそうなんですけども、、あぁ悔しい〜〜こりゃ心外ですよ!
春はちゃんと取りましたよ!!
これからですよ!!


眠れる獅子ですからね私、ようやく3年の春で目覚めてきたみたいなとこありますから!
二度寝しないようにね、、ちゃんと頑張ります、、



明日からみちゃくちゃ頑張りますので
どうか皆さん引退させてください〜🙇卒業させてください〜🙇就職させてください🙇



今回の稽古場、新入生が多くてとても楽しいです。フレッシュ〜〜期待してます〜〜
一年前とはぜんぜん違う稽古場で、ちょっとでもあの頃とは違う自分を見せれたらいいなあ


明日さっそく、1限あるので
もう寝ます、、おやすみなさい。気合い。


次のブログを書く人を指名しなきゃいけないらしいので、
それだったら
大塚くんとか書いてくれると嬉しいなあ〜〜〜〜!!




(最近ワッフルメーカー買おうか悩んでるんですけど、買っちゃおう〜〜。それで将来ワッフル屋さんになろう〜〜。(白目))


新入団員のご挨拶③


こんにちは!
新入団員ブログ第三弾です。
今年もたくさんの新入団員が入ってくれました。
同志社小劇場では、劇団員を随時募集中です。
興味のある方は、お気軽にご連絡をくださいませ!

ーーーーーーーーーー

はじめまして、こんにちは
同志社小劇場、新入団員の法学部2回生、間宮大貴です。
ぼくが初めて同志社小劇場を観たのは『贋作・桜の森の満開の下』でした。
ですから、もう2年前位のことです。あの時受けた衝撃は今でも忘れることはありません。そして今、あの時観た先輩達と舞台を作っているというのが少し不思議な気もしますが、気が引き締まる思いです。ですが、初舞台にしていきなり、異色な役ですがなんとか演じきれるように頑張ります。
ご覧いただきありがとうございました。是非、観劇にお越し下さい。

ーーーーーーーーーー

初めまして!たなかさえです!省略してたさえって是非呼んで下さい😊
小5で子供ミュージカルをやって以来ずっと演劇がしたくて、でもなかなか入団出来ず。でもやっぱりやりたい気持ちが増し、今回入団しました。よろしくお願いします!
今回音響スタッフとしての参加なんですけど少しでも役に立てるように頑張りたいです!

ーーーーーーーーーー

はじめまして!新入団員の所美華です。
よく「海に行ってきたの?」と聞かれたますが、海行ってません。地黒です。これでも白くなってるんですよ、昔よりはね。

小さい頃から演劇が大好きで、大学生活は演劇に捧げよう…!と意気込み、同志社小劇場の門を叩かせていただきました。役者とスタッフを兼ねられるなんて、まさに一石二鳥!二兎を追う者は一兎をも得ずなんてことにならないようにしたいですね。

今回、私がやらせていただくのは、自分の歳から大きくかけ離れた役。正直、難しい…でも、だからこそ、やりがいがあるってものです!スタッフ作業も含め、教えていただくことを吸収して吸収して…公演後にはパンパンになっていたいです。いえ、身体的な意味では無く…

まだまだ稽古は始まったばかり。どんな舞台になっていくのか、私自身も楽しみです!

ーーーーーーーーーー

引退公演の後は、2017年度新入団員による新人公演を控えています。
そちらもどうぞお楽しみに!


【同志社小劇場10月引退公演】
『ゲゲゲのげ〜逢魔が時に揺れるブランコ〜』
作:渡辺えり 演出:和田見慎太郎
日時:10月20日(金)18:30
10月21日(土)13:00/19:00
10月22日(日)13:00
会場:同志社大学新町別館小ホール
料金:前売り300円/当日500円

【ご予約】
①Twitterアカウント(@Dshogeki )へのリプライ、DM
②メール(dshogeki@gmail.com)へのご連絡
③シバイエンジンでのWeb予約→goo.gl/9Qm7uh

【ご連絡】
メール:dshogeki@gmail.com
Twitter:@Dshogeki

新入団員のご挨拶②


こんにちは!
新入団員のご挨拶ブログ第二弾です。
今回は、2人どどんっとご紹介します。
どうぞ、最後までお楽しみください。

ーーーーーーーーーー

みなさん、こんにちわ。
同志社小劇場に新しく入りました岩越信之介です。
よろしくおねがいします。
私は同志社小劇場の六月公演のグッドバイがとてもおもしろくて自分もこのような演劇の役者の1人になれたらと思いこの劇団に入りました。
今公演は気持ち悪くなることに重きを置きたいと思います。
小劇場十月引退公演でお待ちしております。

ーーーーーーーーーー

この度 同志社小劇場に入団させて頂くことになりました、同志社経済学部一回生の小濱 寿美です!

昔からお芝居を観劇することが好きだったということと、人前で何かをすることが苦手だったのでそれを克服できたらなと思ったこときっかけで、自分の雰囲気にあった同志社小劇場に入らせて頂くことにしました。

初公演、不安と緊張が大きいですが自分なりに精一杯頑張っていくので、どうぞよろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーー

この2人がどういう役柄を演じるのか、楽しみにしていただければ幸いです。
10月引退公演『ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ~』は10/20(金)〜22(日)です。
劇団員一同、心よりお待ちしております。

新入団員のご挨拶①

こんにちは!
今回から複数回に分けて、今公演が初参加である新入団員のご挨拶を掲載いたします。
フレッシュな顔ぶれにどうぞご期待くださいませ!


ーーーーーーーーーー

こんにちは。同支社小劇場新入生の渡辺孝文と申します。学部は神学部の一回生です。同志社小劇場引退講演『ゲゲゲのげ』、私は7月公演には途中からスタッフに参加したのみですので、これが初の公演となります。ぜひとも、よろしくお願いいたします。
さて書いてと言われると、とたんに何も書けなくなります。二分程で読めるくらいの分量を、とのことでしたがそもそもそれがどのくらいの文字数になるのか分かりません。そこそこ長く書いても大丈夫でしょうか。いえこんなことを書いているからと言って、普段常々の生活に気持ちや言葉が溢れているかといえばそうではないのですが。
有名な映画(私でも見たことあるくらい有名な映画)、『ショーシャンクの空に』の中に、とある言葉、『必死で生きるか、必死で死ぬか(get busy livin'... or get busy dyin')』という言葉が出てきます(これもまた有名な映画ですが)。どうにもやっぱり、思い返してみると過去の自分の方が、遥かに必死にあったと思われてなりません。呼吸する感性が鈍っているように思えます。いい加減、無為徒食は改めなければいけないと銘じてはいるのですが……。目下の敵は惰眠です。

ところで感性というと、小劇場に入ってからとりわけですが、芸術を理解する感性というものの重要性を切に感じるようになりました。正しく言えば芸術というより、文学でしょうか。
なにかしらの舞台や映画、小説、漫画、そういったものを読んで観て、それを批評する力というのでしょうか、それに不可欠な文学を理解する感性、本当に欲しいです。例えば何かの映画を見てもなんとはなしにその世界観を眺め登場人物達の会話を聞いて、映画が終わればなんとなく「よかったな」と思うのが私の常なのですが、それだと不安になってネットで調べてみるといたく力の入った批評をしている方を見つけたりするのです。ここのこれがダメ、良い、好き……。それを思えるだけの感性ですね。
フリーゲームのとあるレビュワーの方(フリゲは面白いですよ!)に、やはりとても熱量の感じるレビューをなさる方がいます。その方の文章には時々『物語』という言葉が出でくるのですが、その一つのレビューにこんな風に文が綴られていました。
『止むに止まれぬ思いから、人は物語を綴りはじめました。……物語を書くことで、自分の止むに止まれぬ渇きを癒していく。』
止むに止まれぬ思いとは、本当によく現れています。私はやっぱり、物語とは感情の編み物だと思います。引退講演『ゲゲゲのげ』も、そうした思いの物語と、私は思います。
どうにも人の言葉を借りてばかりの文章となってしまいした。やがて『ゲゲゲのげ』が、私も含めて皆様の感性に届けられれば幸いです。終わります。
プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる