FC2ブログ

4人のあゆみ

久しぶりにブログを書きます、にさわまほです。3回生になってしまいました。


柴幸男「あゆみ」をはじめて観たのは、一昨年の同志社小劇場のイブ企画、長編ver.は劇団しようよさんの公演でした。

イブ企画で上演したのは短編で、ミキちゃんとあゆみちゃんを巡る短いお話があっさりと演出されていて、「洗練された」印象を受ける公演でした。
劇団しようよさんの公演は出演者全員が男の「あゆみ」で、なのにあたたかくやさしく、笑いもあってとても素敵な作品でした。
ぜったい元気が出るだろうなと思って行ったら案の定、感極まりすぎて冒頭から大泣きして最後まで泣きっぱなし、終演後、出演されていた同志社小劇場OBの金田一央紀さんに「あなたずっと泣いてたでしょ」と言われてしまったのが思い出深い(?)です。


同志社小劇場の「あゆみ」は、いままで見たどの「あゆみ」とも違った作品になりそうです。

出演者は、女性4人+男性3人。

女性4人はどことなく雰囲気が共通している役者な気がします。見た目だとか、声の出し方だとか、芝居の空気感が、少しずつ似てる。似ているようでタイプは違うので、 癒し担当/元気娘/ヒロイン格/リーダー役 と分かれる気がしてます。(個人的観測) 誰がどれかは見てのお楽しみ。
男性3人は、主に 父親/憧れの先輩/夫 の3役で分かれてますが、みんな味があって面白い。

演出は、予想以上にポップ。ぱっと見はふんわり可愛めで、でも遊びもあって。小道具ナシ、衣装替えナシと、結構シビアな環境で芝居してます。ほぼ身一つで演じている役者の体当たりっぷりを見てほしいです。


ちょうど本番一週間前。

衣装も決まり、舞台美術も決まり、音響や演出が定まってきた今、ようやく、「あゆみ」という芝居が大好きになりつつあります。
脚本を出した段階ではまだどんな公演になるかよくわかっていなくて、ただ過去に観劇した記憶だけで、なんとなくいい作品だなと思っていて。

自分の人生を、過去も、現在も、未来も含めて見つめ直すことができるお芝居って、なかなかない気がします。生まれてから死ぬまで、4人で分担はしているけど、すべて演じることができるのはほんとうに、しあわせなことだなぁと。

たいせつに演じたい。今、とても強く思いました。客席にいる何人もの「私」が、舞台の上に人生を垣間見ることができるように。


あしたは5週目通し。
とりあえずひとっ走り、駆け抜けてきます。
小ホールでお会いしましょう!

にさわまほでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる