FC2ブログ

それでも夜は明ける

こんばんは。
小劇場所属のヤマモトです。

今回は小劇場に入ってみたいな…と思っている方々に向けて、自分が小劇場に入るに至るまでについて書きたいと思います。

僕がはじめて観た同志社小劇場の舞台は、およそ1年前の新歓公演『MIDSUMMER CAROL 〜ガマ王子VSザリガニ魔人〜』でした。ひとりひとりの演技が光る、とても素晴らしい舞台でした。
その後、新歓行事として、打ち上げ参加ができる、というものがあり、終演後、僕は打ち上げに参加することになりました。
僕以外の打ち上げ参加者は新入生ばかりで、二回生だった僕はかなり気まずい気持ちだったことを覚えています。そんな僕に優しく話しかけてくれたのが、当時3回生だったNさんでした。
Nさんはひとりぼっちの僕に、たくさん話をしてくれました。今回の舞台のこと、自分が担当した衣装のこと。とても面白く聞かせていただいたことを覚えています。
打ち上げでは、たくさんの団員さんたちがわきあいあいと話していました。
当時二回生のIさんは、団員さんたちだけでなく、僕たち打ち上げ参加者にも、ひとりひとり笑顔で乾杯をして回っていました。
演出のSさんは公演が無事終わったことに対して、成功したことに対して、感動からか涙を流しており、そんなSさんの肩をNさんは優しく抱いていました。

僕は、そんな優しく、情深い小劇場の皆さんをみて、ここに入りたいな…と感じました。

今回もおそらく、新歓公演後の飲み会参加はあると思います。なので、入団を悩んでいるみなさんは、是非、こちらの行事に参加してみてください。

その時には僕もいると思いますので、たくさんお話しましょう。特にアクション映画について5時間は語れるゾという方急募です。

それでは、また!

I'll be back.

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる