FC2ブログ

鬼と母と山賊と。

先ほどはちみつでのど風邪を食い止めました。こんばんは、にさわまほです。

今回のいちばんの共演者(同じシーンで絡む人)、爆竹ギルガメッシュさんについてお話しします。

爆竹さんとはじめてお会いしたのは、一昨年の4月、鴨川の桜並木の下でした。(※ロマンチックに言ってみた)
当時1回生だった私は同志社小劇場の新歓お花見会に行き、そこでたくさん喋りたくさん笑い最終的に鴨川の土手を爆走する先輩と出会いました。我らが元座長、爆竹先輩でした。

そして新歓公演『わが星』のお母さん役で安定感のあるお芝居、しっかりしていて優しそうな「お母さん感」が強い爆竹先輩を素敵だなと思い、あれが座長さんだと聞いて納得。
その後、入団前の公演の映像をいくつか見るにつけ、驚きの連続が。
あんなに「お母さん」だった爆竹さんが、あるときは豪胆な女の子、またあるときは言葉の通じない「鬼」と、まったく違う役柄を見事に演じられていて、もしかしてこちらが爆竹さんの本当のキャラクター?と思い、ますます好きになったことを覚えています。

爆竹ギルガメッシュさんこと竹中眸さんが演じられるのは、山賊マナコ役。私はマナコの手下役の一人を演じます。
マナコは、この戯曲の中で私がいちばん好きなキャラクターで、かつ、爆竹さんにぴったりな役だ!と思っていたので、その隣で山賊の手下を演じられるのはヨロコビ!私の役=ビツコの女は、女親分であるマナコをリスペクトしてて、マナコの豪快な性格に感心したりツッコミを入れたり。自分の感情と重なる部分も多く、毎日稽古がたのしいです。

爆竹ギルガメッシュさん@マナコ役の個人的見どころは、なんといってもラストシーン!ここで詳しくお話できないのが残念ですが、もう、めっちゃくちゃにカッコいいです。魅力炸裂してます。
お芝居の途中にちょいちょい遊びを入れられてるところも素敵です。見ていて飽きない!



稽古場では振付や立ち回りの動きを指導されていて、役者全員の道しるべのような存在です。
偉大な先輩に感謝しつつ、明日も稽古に励みます!
(と言いつつ明日は稽古休みでしたという、余談。)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる