FC2ブログ

転校生の、、


桜といえば
、桜といえば、僕の地元の川の土手に桜の木がずらーーーって並んでるところがあって、地面がね、ピンク色なんです。ロマンですよ。地面が桜の花びらでいっぱいなんだから。満開の時は賑やかで、でもその賑やかな雰囲気がちょっと嫌いでした、桜はなんか、賑やかな雰囲気に合うものではないな、と知ったげに思っていて、そこには花見シーズンにはなかなか近寄りませんでした。
でも、今年の春は地元の桜並木をじっくりみて歩いてみたいなって思ってます。
小さい頃に涯がないくらい長い、って感じた桜の道を見に行ってみようと思います。


そんで桜から話を拡げますとね、
僕の通っていた小学校ってすんごい転校が多くて、春でも夏でも秋でも冬でもいつでも入れ替わりがすごくて、その中でもとりわけ桜の季節は出入りが多かったです。春には、仲よかった人はもういなくて、変わりに新しい人が入ってくる、なんてのはけっこう普通でした。
だから桜の季節はなんだかちょっと寂しいような、楽しみなような。っていう気持ちがすごく強くて、


仲がよかった人、転校生ばっかだなと思い返してみれば、、あ、この人もこのとき転校してきた、って人ばっかりです。小1の頃はじめて隣の席の子も転校していったし、登下校一緒にしていた人も、転校してきて、またどっかいっちゃって


地元には桜の木がめちゃくちゃに多くて、学校にも、古い桜の木があって、そこで毎年クラスの記念写真をいろんな季節にとるんです。


だから桜を見るとその記念写真を思い出して、
懐かしい気分になりますね。

そんなこんなで
桜はけっこう儚い、っていうイメージです、


この度は桜、という言葉が入った 題名の作品、
素敵な作品だと思います。セリフが、とっても好み、楽しいし。





ぜひ、観にきてください。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる