FC2ブログ

将来の自分へ

はじめましての方ははじめまして、一回生の悠真です。次のブログ誰なんだろーって軽い気持ちで覗いたら、先輩からのキラーパスが自分にきてたので書いていきたいと思います。

将来のことについて考えるタイミングっていうのは人によって違うと思うんですけど、僕の場合は寝床についてから眠るまでの間によくやります。自分が理想とする人生設計と現実の生活との乖離に絶望して終わることが多いんですけど、時たまそれを踏まえて将来どうしていこうかを考える。明確な答えは出たことないし、すぐコロコロ変わるんですけど、そこでいつも核となるのは「一回きりの人生だぞ」という言葉です。この言葉ってのがやっかいなもので、何かをするときのアクセルにもなるしブレーキにもなってしまう代物なんですよね。
極端に言えば、一度きりだから起業して一攫千金を狙ってやる、となったり、一度きりだから貧しくならないように堅実に生きようって感じです。昔の自分なら、なんの迷いもなく前者を選択してたと思います、親に守られて、やりたいことをやれていた、自分一人の力で生きている気になっていたから…、でも今は安易に選択できない。そんな狭間で夜中一人で自分は何に対して一番幸せって感じるんだろーなって暗中模索してるわけです。

だいぶ脱線しちゃいましたけど、今回のテーマは将来の自分へってことなので僭越ながらなべさんのブログにも敬意を示しつつ、軽いメッセージとして残させてください。

将来の自分へ
今、自分が生きてきた歩んできた人生は自分の手で選択してきたが故の結果ですか?妥協の積み重ねが生んだ結果ではないと胸を張って言えますか?自分一人で突っ走った結果、迷惑かけてしまう謝罪と後悔ばかりの生活は脱却できていますか?惰性で生きてないですか?大切なものを捨ててませんか?今、幸せですか?

自分のこれからの人生は、この質問全てにはっきりと[はい!]と答えられるように自分を整えていく、実りある人生設計をもとに進めていきたいですね。一度しかないからこそ。

長くなりましたが、避けられない死というゴールに向かって走ってるのはみんな一緒です。それに絶望するものもいれば、楽観的に捉えるものもいます。今作品では、得体の知れない世界から1万年帰ってこられなくるという運命を前に、人はどう考え、どう立ち回るのかを描いたSF作品となっております。また、引退公演と銘打ってるように先輩方の努力が詰まった演目でもあります。是非ご観劇ください。
では

同志社小劇場引退公演
『プラスチックレモン』
脚本: 広田淳一
演出・潤色: 岩越信之介

〈日程〉10月25日(金)18時30分
26日(土)13時/18時
27日(日)13時
〈場所〉同志社大学新町別館小ホール
〈料金〉前売り 300円
当日 500円
◎レモン割:黄色いアイテムを身に付けていれば100円引き

〈あらすじ〉
人間が突然消えて、何日かしてまた現れるという不可解な現象、「ブレーントリップ」が世界中で発生する時代。トリップを起こした人間は、その先何度も繰り返すという。
研究者らは、経験者たちを集め”ガイダンス”と呼ばれる研究による集団トリップを試みる。しかし、トリップを重ねる毎に時間は徐々に長くなり、彼らは次に戻れるのは一万年後になると宣告された。

未知なる世界での一万年を、人類はどう受け止めるのか。様々な人間達が繰り広げる、SFストーリー!

〈キャスト〉
奥田さつき
藤谷京奈
梶山知真
岩越信之介
森實春香
所美華
梅田悠介
山田悠暉
南里佳
武岡有希
渡辺孝文
尾田悠真
坂本美音

〈予約フォーム〉
→http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=421691a22c
短縮版
→https://is.gd/CxloVZ

次のブログは、奥田さつきさん、こと、めいさんに回したいと思います。声質や演技によく見惚れてしまうので、絡みにいってるのに、煽っていると思われるのは不本意極まりないですが、、、まぁ、絡みますけど!!(迷惑でありませんように…)
               尾田 悠真
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる