FC2ブログ

徒然

二回生の森實です。
新歓公演、『また夜が来る』を終え、数週間、次なる公演の情報が解禁され、稽古が本格化して行くのをひしひしと感じています。
今回は先日情報公開がありましたが、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんの『カフカズ・ディック』を上演させていただくことになりました。Google先生に聞いてみたところ、『変身』などを遺した、フランツ・カフカとその無二の友人マックス・ブロートを中心に起こる物語とのこと。一年ぶりのケラワールドにワクワクがいっぱいです。
さて、今回は、9人もの新入生が入ってきて、先輩として初めての公演ですが、役者としてもスタッフとしても、なんだかフレッシュな気持ちで再挑戦している気がします。(そして先輩方の偉大さを感じています。。。)
まあつまりは、キラキラ眩しいニューフェイスたちにまだ借りてきた猫状態というのも大きいのですが、、もしや、去年の先輩方もこんな気持ちだったんでしょうか笑
今回の役どころは、あまり他の役者と関わらないので、稽古場で喋ったり、ご飯に行ったり、スタッフ作業したり、、少しずつ仲良くなっていけたらなぁと思います。
新入生の中には、新歓公演を観て、同志社小劇場に入るのを即決してくれた子もいて、そういう子の話を聞くと、いっそうしっかりと良き伝統受け継いで、ちゃんとした先輩になっていかなきゃなぁと気が引き締まります。
そういえば、人の縁とは不思議なもので、新歓公演には、高校(香川)の同級生や後輩がたくさん観にきてくれました。中には、1年以上ぶりに会う人もいて、懐かしいやら気恥ずかしいやらでしたが、とても幸せなひとときでした。
そしてなんとなんと、そうやって観にきてくれた後輩の一人と、次は同じ舞台に立って共演します!
高校時代は演劇部ではずっとスタッフだったので、共演できるのがなんか未だに現実味がなかったり笑
他の一回生も、みんななにやら一癖ありそうで、仲良くなって素が出てくるのが楽しみです✨
人見知りを克服していっぱい関われる公演にしたいなーなんて思ってます。
こうやって、どこかで繋がってる人や新しい繋がりができる場がすぐ近くにあることが、どれほどありがたいことなのか、きっと実感するのは数年後とかなんでしょうけど。
今は与えられた環境と、そこで一緒に活動できる人々に感謝して、公演まで駆け抜けてゆくことにします。
、、、見返したら一年前の初めて書いたブログでもおんなじようなこと言ってますね笑
そんなこんなで日々楽しく稽古に励んでおりますゆえ、お時間よろしければ7月6~8日、新町別館小ホールまでお越しくださいませ!
フレッシュな一回生に引っ張ってもらって、エネルギッシュな舞台をお届けしたいと思いますので!ぜひ!!
今回は本当に徒然と書くだけのブログとなってしまいました。
次は件の後輩、入団初期から癖が強めの杉本くんに回したいと思います。一回生のトップバッター、がんばって!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる