FC2ブログ

幸せなんて訪れねえ!

題名なんて気にしたら負けです。
こんにちわ、前回のブログで森實に指名された同志社小劇場二回生の岩越です。
この前、おそらくこのブログを見てくれるであろう一回生の子に「ブログ見てね」的なことを言ってしまったのですが、このことを後悔するレベルで私は文章を書くのが苦手です。(今までのブログを見ていただければ謙遜でないことはわかります。)
なので拙く、無駄に長く、意味もわからない文章になることを事前に謝っておきます。自己満で書きますので…。前置きが長いのもイライラしますが、この後も長いのでお時間のあるときにお読みになるか、読むのはやめることをお勧めします。
さて、本題に入りましょう。今公演で上演する「また夜が来る」では幸せについて考えさせられることが多々あります。ということで、幸せをテーマに書いていこうかなと思います。
人間生きてれば幸せを第一に考えて生きるものですよね(幸せという定義が人それぞれなのはまた後の話)。たとえ、今が幸せであろうが、不幸せであろうが関係ありません。今以上のものを求め続けます。よくある話なら、恋人がいないから欲しーー!!!とか、お金ないから欲しーー!とかですね。ですが、さっき述べたように恋人がいたとしても人はそれ以上の何かを求めてしまうわけでして…

ここで少しとある人の話をしましょうか。
その人は貧しい貧しい家庭に生まれました。そして、中学生の時、彼はお金があれば家族の誰も苦しむことはないのだと気づき、一流企業への就職のための努力をしました。そして努力は実り、家族に楽をさせてあげることができました。その後彼は結婚し、さらには一流企業の社長にまで上り詰めました。しかし、この時の彼はまだ求め続けていました。お金はあるが満たされてはいなかったのです。
なんていうよくある話なのですが、彼はこの後も死ぬまで幸せという何かを求め続けることになります…
"幸せとは?"という問いがあるとしてあなたならなんと答えますか?すごく難しい質問ですよね…正解っていうのは無くて答えは人それぞれ無限にあると思うのですが、私の見方だと幸せっていうのは冷凍食品みたいなものだと思います!!!(一年くらい後に見ると恥ずかしすぎて死ぬやつ)雰囲気そんな感じみたいなところではあるんですが、手に入れてないときは冷凍された状態で永遠に手の届くか届かないかのギリギリのところにあるんです。やっと手に入れたと思ったら、温かさ(ロマンチックに言いたかったら「優しさ」とかでもいいですけど…)でとけて、時期に賞味期限切れになるんです。そしてまた幸せを求めてもがく…
幸せはいつでも未来にしかありません。幸せが"今"に来たならそれは普遍になり、次の求めるべき幸せが未来に現れます。
あなたが幸せでいたいなら、常にもがかなければいけません。
…なんていう説法もあったらよかったんですけど…無いから僕のただの独り言です。

まあ、あなたが何かを求め続けることを好んでいたり、厭わないのならば、演劇をやってみるのも一つの手ではないでしょうか?
私たち同志社小劇場の演劇は六週間かけて一つの作品を完成させるために脚本に描かれる言葉の意味を追求し続け、または自らの演技を究めようと追求します。本来の意味では追求は終わらせてはいけないけど、演劇は本番がくれば追求に必ず結論をつけなければなりません。だから、その最後の時に、また新しい追求すべきものが見つかればその公演は自分にとって必ず意味のあるものになっているはずです。
探求者にとってこんな最適なサークルありますかね?
さらに、何をやろうか迷ってる人にもぜひこの演劇をお勧めしたいと思います。まあ、よさこいとかイベントサークルもすごく良いですけどね…
こんな風に長ったらしく、意味もわからない、流れも読めない文を書いてしまい後悔しています。本当に伝えたいことはここから先だけです。
本当は難しく考える必要も、1人で考える必要もないです。
私たち同志社小劇場は楽しい仲間と、楽しい演劇を楽しく創るサークルです。
今公演の「また夜が来る」は人の温もりを強く感じることができる作品です。
きっと見て頂く方々にその温もりを伝えられるよう努力します。
5月11日から13日まで上演しております。
ご来場お待ちしております。

何も解決してない私のブログをここまで読んでくださってありがとうございます。

書くの忘れてましたが、私の求め続けていることは私の周りに常に笑顔が溢れていることです。

最後に、今私は幸せになれていないので私に幸せをください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる