FC2ブログ

「面倒臭い」と「邪魔臭い」

はじめまして。そしてお久しぶりです。
新人公演ブログのトップバッターとなった坂本です。6月公演のグッドバイ以降、ブログを書いてなかったのでいつ私のターンが来るかとソワソワして待っておりました。なんなら一ヶ月前からネタを考えていたくらいです。

最近思ったこと。
「面倒臭い」と「邪魔臭い」って字面からして嫌〜な雰囲気を放っていませんか?

だって「面倒」と「邪魔」ってだけでなんかもうややこしそうな感じがするのに、それが「臭い」を引き連れてきているのですよ。

きっとその「臭い」は、さっきまで美味しそうに見えていたカレーが、服に飛び散って吹いても吹いてもとれなくて、いつまでもカレーの残滓が残っている。そんな、面倒で邪魔な臭いなのでしょう。ああなんて面倒臭くて邪魔臭い。

さて、今の私にとって1番面倒で邪魔なのは、授業ですね。何のために大学に来ているんだという話ですが、演劇の活動が忙しすぎてそれどころではありません。

振り返ってみれば、6月公演の頃は両立させなきゃという意志が強かったです。しかし引退公演では言語の宿題をあきらめ、新人公演では授業に出ること自体を諦めようとしています。このペースで行けば来年には落単決定です。

それだけ自分の大学生活が演劇に傾いているということですね。だからといってそれが悪い事だとは思いません。授業は知識を増やせますが、演劇は人間性を高められるものだと思っているからです。

6月公演ではその役の人生について考え、引退公演では協調性を学び、日々自分が役者としても人間としても成長しているのではないかと感じています。大学生にもなって成長することなんてなかなか無いですからね。授業に出ていなくても胸を張って大学構内を歩いて良いのではないでしょうか。

新人公演では何を得られるのか…。第3次成長期、突入です。

ということで、ここまで読んでくれた人には感謝の意を込めて、半年間角に足をぶつけないおまじないをかけておきます。これで毎日ハッピーに過ごせますね。

次は、下宿先が小劇の第2のホームと化している森實春香にバトンタッチしたいと思います。ちゃんと病院行っとけよ〜
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる