FC2ブログ

心はいつもユル・ブリンナー

もうダメだーーってなったときは、魔法の呪文を唱える。
「ダメじゃにゃい!」
真夜中にごきげんようにさわまほです。ポイントは「にゃ」ですちょいゆるで癒されます。

先輩に、エネルギーの塊だね的なことを言われたのが今日イチ嬉しかったです。

演劇大好き、笑顔で稽古、いつも元気で疲れ知らず。

ウソでもそういうふうになりたいです。

みんなに元気あげられるひとになりたい。なれてない?反省、、。

床屋の彼の話をします。

私の大事な役の彼です。
商店街の床屋に生まれ。

父ちゃんも床屋。じいちゃんも床屋。

床屋の仕事に誇り持ってて、老舗のこの店が大好きで、小さい頃から店を継ぐことを夢みてた。

いつか店でっかくできたらなあ、別店舗も作っちゃったりして、なんて妄想してた。

ところがどっこいお客が来ない。

常連さんすら最近はご無沙汰。
焦るわけです。

なんとかしなきゃってもがくわけです。

頑張ろうって思うわけです。

でもバカだからどーしていいかわかんない。
幼馴染みの商店街の仲間。

みんなのことが大好きなんです。

みんなでなんとかしたいわけです。
商売柄、喋りが得意でみんなの顔色伺うのが得意。

みんなを引っ張っていこう、と決意する。

でもヘタレでなんの能もない自分、どうすればみんなをまとめられる?
頼れるコーチを引っ張ってくればいい。

リーダーシップをとれるキャラクターを演じればいい。
そうして彼はみんなのリーダーとなりました。

趣味の映画で見たいろんなカッコいい男たちをごちゃまぜに真似て。

彼はぱっと見キザってるけど、中身は素直でいいヤツです。

相棒の馬(命名くり丸)と共に、明日も団地を駆け抜けます。

運動会の彼女のことも紹介できたらいいな。
じゃ、そういうことで~~(クレしん風)

おやすみやんせ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる