FC2ブログ

買い出しで四条に行ったとき見つけた猫カフェ。癒されたいと思いながら荷物を手にさげ泣く泣く通り過ぎました。猫で思い出すのは実家で飼ってる猫のチビ。子猫のときに拾ったからチビ。成長してもチビ。今やもうおばあちゃん猫だけどチビ。というか、うちで飼ってる猫は代々名前がチビ。正直何代目かは知りません。今うちにいるチビは真冬の寒い日でも外で遊んでる、雪遊びとかもしちゃう、猫感がない猫です。
チビのことを考えてたら、私が保育園か幼稚園に通ってた頃に飼ってたチビを思い出しました。真っ白で小さくて、とってもかわいい赤ちゃん猫。首輪のサイズが合わなくて、赤いリボンを巻いていました。ある日、チビと遊ぼうと玄関の戸を開けると、高校生ぐらいの女の子2人組がチビの頭を撫でていました。するとその人たちは、チビの首に巻いたリボンをとってチビを自転車のかごに乗せ、連れ去ってしまったのです。追いかけようとしたのですが自転車に勝てるわけもなく、チビはそのまま帰ってきませんでした。その後チビがどうなったかは分かりません。元気に暮らせたのかなと、たまに考えます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる