FC2ブログ

♡♡♡


2回の岡田です。
同志社小劇場六月公演「愛情マニア」終演しました。ご来場ありがとうございました。
僕、この戯曲すごい好きだったんです、見た時から。
やりたい役もできて、楽しかったです。
恋愛経験とかもそんなないし、関西弁とか、全然わからなくて、でも試されてる感じがして、嫌だ嫌だといいながらも楽しんだ感がありました、むしろ、恋愛についていろいろごたごた言いあう時間もできてなんかよかった(?)です。

個人的に、監禁されるとか手錠とか、首輪とか、もう、それだけでもうお腹いっぱいでしたが、、演劇してるんだな〜って実感できた、すごく単純なこと言ってますけど、

アンケートに、
「逃げ出したいのに逃げ出せれない女と、何かに熱中したい男」の話、で、
「その2人が世界に居座っていた姿がよかった」、
という言葉を頂きました。
飛行機を見つめる二人は、まるで自分自身を見つめ直しているようでした。演じた本人も、自分自身の怠惰な毎日を見つめ直しました、

戯曲は上演されて言葉が舞台になっていく、既成脚本を上演する魅力が自分の中で新たに発見できました、作者がどういう思いで一つ一つの言葉を書いたのか想像する力を養うのは大事だなと、思いました。

アンケートにもう一つ、「執着」についての戯曲だ、ということも書かれていました。
僕もそう思っていました、執着、、、、
執着するから出れない女と執着がないから熱中できない男、、
なんとなく、今の状況に似てます、演劇、辞めようかな向いてねーってたまに思うけど辞めれないし、かと言ってモチベーションってそんな保てないし、、
うまくいかないこと多い、、、、


今、世界は私に味方している!


こんなことば、いつかは言ってみたいなぁ〜

ありがとうございました



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる