FC2ブログ

ぼくもなれるスターに。

そこのけそこのけにさわまほが通る。
ツイッターでテンション上がるの申し訳なくなってきたのでブログ書いて落ち着きます。劇団ブログの私物化ふたたび。


あれもしたいこれもできるって思う。
まだまだどこまででも行ける。

伸びしろがあるって素敵なこと。ほんとうに。


生きていくために演劇やってるとかバカみたいなこと考えてるけど、だからこそ、芝居への取り組み方が、まんま私の生き方になるんやなって。そんなことを思います。

この役から逃げることは人生から逃げることだって、七月のときもブログに書いた気がする、、
だから、背筋の伸びる思いで、いまの芝居もっと良くできるように。信じる。びりーぶ。


人生これからもっと良くなるって思えたら素敵。
あれもしたいこれもできる、もっとがんばればもっと良くなるって。
しあわせになりたいから、しあわせなことが待ってるって信じてるから、だから生きていける気がする。
私はそうやって生きてきたんだなって気がする。


なんだか今公演、人生について考えさせられてしまってる、、?
着々とフラグ立ててる気がしなくもないです。にさわまほは死にましぇん。


唇に聴いてみる、この芝居が大好きなんです。

自分の役も大好き。
彼といると視界が開ける。
人生って世界って、単純なんだって思える。
がんばれば何だって攻め落とせるんだって、いつか絶対良くなるんだって、信じてるから、彼は強い。
七人いればどこまでだって行ける。

愛する仲間と結束できたら無敵。
身一つで世界に立ち向かえる。

一生懸命生きてる。
うだうだ立ち止まったり、自分を過大評価しようとしたり、よそを気にしたりなんて無駄なことはしない。
まっすぐ前を見てる。
足りない頭で一生懸命考えてる。
この商店街がすべて。ここの仲間がすべて。
世界はそれだけでできている。

自分だってユル・ブリンナーになれるんだって、無条件に信じられる。

夢みたいにしあわせな役。
一生懸命、生きてみます。
彼のまっすぐさに救われながら。


テンションあがりっぱなしですが寝ます。

また会いましょう。
あでゅー。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる