FC2ブログ

グッドバイブログ7~坂本~

どうも。坂本です。
私がグッバイしたいものは羞恥心です。
昔から変人を尊敬してまして。
ラップでしか会話しない人とか、
授業中に百人一首しだす人とか見ると興奮するし、憧れます。
私もそういう人になりたいなぁと思いつつも、恥を捨てきれないのです。
話したことのない同級生に向かって、
ブリッジしながら挨拶していたのが私のピークでした。
将来の夢は面白い美人になることです。
羞恥心、グッバイ。
スポンサーサイト



グッドバイブログ6~泉~

こんばんはー2回の泉です。最近梅雨入りしたってのに暑い日が続きますね…ここで突然ですが、なんと私がグッドバイしたいものをお伝えさせていただこうと思います!!!!それはー虫です。昆虫も芋虫系も何もかも大の苦手なんですわたし。噛むやつとか急に飛ぶやつとか変な汁出すやつって恐怖じゃないですか?
最近暑くなって虫も増えましたよね…何と言ってもちっちゃくてなんか群れで行動してる羽虫!わかります?こないだあれに自転車で突っ込んじゃったんです。ほんと阿鼻叫喚でした。その後もしばらく頭の上で群れで飛び回ってましたし…確かに突っ込んでっちゃった私も悪いと思いますけど、だって歩道のど真ん中ですしあの人たちも一応目がついてるんですから避けてくれてもいいと重いません?
虫も増えてきて最近では蚊まで出てきてますよね…そんな彼らとさっさとグッドバイできたらハッピーなのにーっと思います。

グッドバイブログ5~中津~

私が、グッドバイしたいものはスマホです。スマホは便利です。暇あればスマホ、隙あればスマホ、なんだか疲れました。暇あれば、空を眺めたいです。
しかし、スマホを使っている時は楽しいですよ。楽しいからスマホとグッドバイできないのです。
私が望むことは、目を疲労させないスマホのようなものを発売してくれることです。
空を見つめながら、スマホをいじれる世の中になりますように。

グッドバイブログ4~車谷~

こんばんは。車谷です。
今回のブログのテーマがグッドバイしたいものということで…。
グッドバイしたいもの、、、うーん、、
あっ、「訛り」ですかね。
わたし福井県出身なんですけど、福井独特の訛りがなかなか抜けなくて。
大学入学したてのときは、日本語のうまい留学生だと思われがちでしたね…
実際、留学生の子にも留学生仲間だと思われてたみたいです。
イントネーションがどうもおかしいみたいで、稽古中もよく指摘されます…
わたしイントネーションおかしいのって言うとそのイントネーションのイントネーションすら違うって言われるんで、もうインフォメーションが多すぎて私のモーションがションってなります。いつかセンセーション起こしてやるから覚えとけよって感じですよ!
というわけで、わたしがグッドバイしたいものは「訛り」でした。

グッドバイブログ~大谷~

大谷彩佳です。
私がグッドバイしたい物は、穴のあいた靴下です。
いや、そんなの捨てればいいじゃん、って思う方がほとんどだとおもいます。その通りです。
私は靴下に多少穴があいたところで特に気にしないし、多少っていう言葉でカバーできないくらい大きな穴になっても履き続けてて、友達に”買いなよ”って500回くらい言われてきました。
”また靴下穴あいてる~”って言われた時の対処法として(親指部分の場合)、足の親指を折り曲げて”こんにちわ”(高声)ってやるの、20歳にもなってだめだよなって思ったので、いっその事全部の靴下を買い替えたいなって考えてます。
穴の空いた靴下、来月の給料、グッドバイ。

グッドバイブログ2〜相徳〜

僕がグッドバイしたいのはお金です

お金は人間を縛りつける

僕は大学に入ってそれを痛感しました

なにをやるにも必要となるのはお金

お金がないとなにもできない

僕はそんなお金が嫌いです

でも僕にはやりたいことがあって

それには絶対お金が必要で

アルバイトをする日々

もっと楽に生きたいです

舞台作業をしながらキラキラした大学生を見るたび痛感します

趣味にお金を割けたらどれだけ幸せだろうって

もっと言えば好きなことでお金を稼いで

休みに別の刺激が得られたらどんなに幸せだろうって

今回の戯曲、ラブコメディと宣伝してますが

「お金」というテーマで見てみると

また違った見方ができるかもしれません




僕が一番グッドバイしたいものは「お金」でした。

相徳夏輝





グッドバイブログ1〜和田見〜

生活しながら感じること。未だに浪人時代の影響が残っている。人の話の聞き方、勉強のしかた。具体的に言えないが、全てを網羅してないと、不安でしょうがない。少しでも効率の良い方法をとらないと置いてかれるような怖さを感じる。それが生き方として正しいのかはわからない。ただ、今でも教科書を捨てきれないのはきっと、そういうことなのだ。常に負担がかかってないと自分を責めてしまう。なんと弱いメンタルか。


過去に引きづられすぎるのはそこになにか大事なものが隠されていると感じているからだ。だからこそ、浪人時代の弊害の象徴である教科書を捨てるべきなんだろう。捨てることで学んだ教訓だけが残るのだ。正直、捨てることを考えるだけで浪人時代の自分の失敗を思い出し、いまのじぶんにかさね、震えてしまう。このメンタルの弱さは浪人の影響ではないのだけれど。


でもこれからが一番楽しいのだ。二回生、たくさん遊ぼう。たくさん芝居をし、たくさんの感情を学んでいこう。そのための一歩として僕は過去と向き合い捨てるのだ。そうやって自分の行いを信じるのは強がりの虚勢でしかない。だけど、虚勢を現実にすることでしか、救済なんて訪れない、自分を救えるのは自分だけだ。納得する答えを出せるのも自分だけなのだ。予備校の教科書には書いてない。







僕のグッドバイは教科書の思い出でした。グッドバイ。

しょうが焼きバーガーを100円にしてください。

こんにちは!
3回生大塚です。
題名は今の僕の切実な思いを願いました。
某ファストフード店の社長がこのブログを見てくれてることを祈ります。

同志社小劇場では6月公演『グッドバイ』本番に向けて稽古中です。6月公演ということは自分が同志社小劇場に入ってちょうど一年経ったということになります。昨年の5月、稽古2週目にちょこっと稽古場に現れて、なんの後先も考えずにその日に『入ります!』と調子に乗って言ったら、『じゃあ今日から毎日稽古ね』と当時の演出さんに言われて、『あ、やばい!言ってしまった!もう引き下がれないじゃん!』と軽くパニックになったことは怖くて誰にも言えません。

今では同志社小劇場に入って本当の本当に良かったと思います。
今回の新入団員にも同志社小劇場に入って良かったと思ってくれれば嬉しいです。

『グッドバイ』6月23日〜25日
ラブコメします。是非お越しください。

走れ私

おはようございます!2回生の車谷です。
昨日は、私が週五でササミチーズカツを食べる理由をここで書く予定でいました。
電車から降りて駅から家までの道中で書こうかなあ、とか思っていたのですが、
いやいや。
すごかったですね、、、昨日のゲリラ豪雨。
ササミチーズカツには申し訳ないけど、そんなのどうだって良くなっちゃいましたよ。というか最初からどうでもいいんですよササミチーズカツなんて。ただの私の好物です。
京都だけかと思いきや結構な範囲での雨だったようで。皆様、大丈夫だったでしょうか?
風が強すぎて途中飛ばされかけましたからね、、。このままいい具合に浮いて、こう、風船持ったプーさんみたいにならないかなあ、とか期待したんですけどそれは無理でしたね…。ははは
自然の前では人間は無力ですね。怖いなあ。
それにしても、昨日の私は速かったですね。
駅から家まで、死ぬ気で走りました。あれ、メロスかな?くらいには走りましたね。
おっ、メロスといえば!
今回の6月公演は、太宰治原作の「グッドバイ」をやります!
太宰治の未完の遺作である「グッドバイ」を脚本・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチが完成させたユーモア溢れる痛快コメディとなっております!主人公田島のゲスっぷりがすごいです…
ぜひ、見に来てください!
プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる