FC2ブログ

♡♡♡


2回の岡田です。
同志社小劇場六月公演「愛情マニア」終演しました。ご来場ありがとうございました。
僕、この戯曲すごい好きだったんです、見た時から。
やりたい役もできて、楽しかったです。
恋愛経験とかもそんなないし、関西弁とか、全然わからなくて、でも試されてる感じがして、嫌だ嫌だといいながらも楽しんだ感がありました、むしろ、恋愛についていろいろごたごた言いあう時間もできてなんかよかった(?)です。

個人的に、監禁されるとか手錠とか、首輪とか、もう、それだけでもうお腹いっぱいでしたが、、演劇してるんだな〜って実感できた、すごく単純なこと言ってますけど、

アンケートに、
「逃げ出したいのに逃げ出せれない女と、何かに熱中したい男」の話、で、
「その2人が世界に居座っていた姿がよかった」、
という言葉を頂きました。
飛行機を見つめる二人は、まるで自分自身を見つめ直しているようでした。演じた本人も、自分自身の怠惰な毎日を見つめ直しました、

戯曲は上演されて言葉が舞台になっていく、既成脚本を上演する魅力が自分の中で新たに発見できました、作者がどういう思いで一つ一つの言葉を書いたのか想像する力を養うのは大事だなと、思いました。

アンケートにもう一つ、「執着」についての戯曲だ、ということも書かれていました。
僕もそう思っていました、執着、、、、
執着するから出れない女と執着がないから熱中できない男、、
なんとなく、今の状況に似てます、演劇、辞めようかな向いてねーってたまに思うけど辞めれないし、かと言ってモチベーションってそんな保てないし、、
うまくいかないこと多い、、、、


今、世界は私に味方している!


こんなことば、いつかは言ってみたいなぁ〜

ありがとうございました



スポンサーサイト



公演まで


こんにちは。
制作の中村です。

公演まであと2日。
楽しいながらも、緊張をする毎日です。

今回は、割引企画としてカップル割をご用意しました。Twitterでもご好評いただいていて、嬉しい限りです。
このカップル割はカップルでご来場いただくと、お一人さまあたり100円引きになります。(自己申告制)
カップルは、異性でも同性でもラブラブでも冷え切っていても、OKです。お二人で楽しい時間を過ごしていただけたら幸いです。

少し変わったOLと彼女に監禁される男子大学生。
二人の微笑ましくかわいいやりとりにきゅんきゅんしに来てください。

観終わったあとに、ゆるやかに感想を話したり、日常の幸せを噛み締めたり。そんな作品になってます。

『愛情マニア』
明後日から初日です。
どうぞ、お待ちしております。

中村

わーい

こんばんは、岡田です

こんな夜中に、
眠れなくて、
本番近いのに、
1日は連続してなくて、
半日さえ連続してなくて、めまぐるしいです、

あと3日経ってそうしたらもう本番で、
そこで初舞台の役者たちの1日はもう過ぎてしまうんだな、
初ってあってないようなものだし、じぶんの初舞台もあんまり覚えてない気もします
がんばる、がんばろうですね、

話変わりますが、僕、空飛びたいとか思ったことないし、飛行機にものろうとか思わないんですね、わ、唐突ぃ
だって飛行機の事故って確実に百パーセント死ぬんですよ、逃げ場がないっていう怖さ?
こわい、でも海外には行きたいんですよね、これって満たされないですよね、船にはもっと乗りたくない、もし死ぬってなったら苦しそうだし、

楽したい〜〜〜〜って生きてますし、これからも楽して生きていこうと思ってますけど、
なんとなくマンネリ化した毎日にそんな非日常があればなぁ〜〜〜、変わったことないかな〜〜なんて思ってます、

電車の脱線とかはやめて欲しいけど
あした、UFO降ってきて謎の引力に吸われたいなぁ〜ぅぃーん











ワクワクとドキドキが



こんばんは。
2回生の中村です。

今日は、仕込みでした。
新入団員にとっては、初めての仕込み作業。
さぞかし、疲れたかと思います。
それでも、一生懸命に働く姿は素敵で、ますます公演が楽しみになりました。

私にとっての日常は、学校に行ってバイトをして家でぐうたらする毎日です。
公演に参加し、稽古をする日々はどちらかというと非日常で、現実味のない日々です。

その非日常は、勉強の毎日で大変なこともあります。でも私の大学生活において欠かせない濃いものになっています。

小ホールに舞台がたって、音響がなって照明がさす。

すっごくすごくワクワクします。
そのワクワクを去年私は味わいました。
その経験が一年続けてこれた糧だったのかもしれません。

どうぞ、いい思い出を新入団員と作れますように!

非日常を最高に楽しめるように残りの数日がんばります。

今回は、一部Wキャストです。
役者によって、役作りはそれぞれで、一回だけでなく二回観ていただきたい仕上がりになっております。

どうぞ、お楽しみに!!
みなさまのご来場を心よりお待ちしてます。

中村

夜のテンションで。

こんばんは。制作スタッフのにさわまほです。

いつ読まれる記事かわからないけれど、書いているのは夜ですよというキモチを込めて、こんばんは。ここは寝床。夜のテンションで書いてます。


愛情マニアということで、
あいじょうというモノについて考えるのですが。

私の場合、少し人より愛情が過多なようで。
イヤ、この場合愛情というのか依存というのかわからないんですけど、
常に愛情を注ぐ対象がないと落ち着かないようなんです。これ、私が特殊なんじゃなくて実は誰でもそうなんでしょうか。ペットを飼ってるとか好きなアイドルがいるとか、でなくても推しのアニメキャラだとか追っかけてる作家とか、何かしら愛の対象があればいいんでしょうけど、今たまたまなくて。何の話や。

自我が確立しはじめる思春期に、私が愛情を注いでいたのは演劇でした。
それも、どちらかというと演劇そのものではなく、演劇をやる場所や人、つまりは「演劇部」に対して。

今いちばん愛情の対象になってるのは、たぶん同志社小劇場で。
要は居場所が欲しいんだと思います。
ここにいていいよ、って言ってくれる場所。あなたが必要だよ、って言ってもらえる場所。
それが個人であろうと団体であろうと、大差ないんだろうなって。

『スターレッド』っていう萩尾望都の漫画があるんですけど。
SFで、火星人の女性と違う星の男性が出会って。女性が自分の故郷は火星で、自分が自分でいられる場所、火星をいちばん愛していると言う。「あなたの故郷の星はもうないの?」と聞く女性に、男性が「(故郷を)探していたんだ。君に間違いない」って言う、という。

初めて読んだ時、人間と星を同等に扱うのに納得がいかなかったんですが、今ならわかる。愛する人は、それだけで自分の居場所になるんですね。なんてね。夜のテンションだから言えること。


「マニア」って、○○狂とか○○バカっていう意味で、要は何かに異常なまでに情熱を注ぐ人っていう意味だそうです。

異常なまでに愛を注ぐ人たち。愛情を注ぐことに没頭してる、恋に恋する状態の人たち。

このなかに、きっと自分の姿を見つけられると思います。たぶん、気恥ずかしくなるくらいに、真っ裸な姿を。


『愛情マニア』、カミングスーン。ぜひお越しあれ。

飛行機


こんにちは。
2回生の中村です。

昔から空港に行くことが好きで、小さい頃の夢はCAさんになることでした。
母が英語が好きで、ペーパーブックをよく読んでいたので、私も大人になれば英語を喋って飛行機に乗るんだと思い込んでいました。
大きくなったら母みたいに留学して、世界を広げたいと思っていたし、今でも思っています。

小学生の頃、母が学生時代にホームステイをしていたアメリカ人夫婦の家に母と遊びに行きました。
飛行機には乗ったことがありましたが、それは小一時間程度。
サンフランシスコを経由してデンバーまでという、10時間あるかないかくらいの長旅だったような覚えがあります。
わくわくどきどきで乗り込んだ飛行機。
憧れのCAさんを間近でみるんだって、目を輝かせていました。

ませた英語でコーラをもらって、とっても楽しかったんだと思います。
飛行機に乗っていて一番どきどきする瞬間は、離陸と着陸でしょうか?
もうすぐ着陸するって時に、爆発するような痛みが私を襲いました。
耳が気圧に耐えられなかったんです。
もともと中耳炎で耳鼻科に通っていたので、多分弱かったんだと思います。
耳がもげるほどの激痛に、狭い座席の中で悶えていました。
それからは、結構飛行機はトラウマ。
あえなくCAになりたいという夢もついえました。

でも、今でも空港に行くのは大好きで、大阪出身の私はたまに関空に遊びに行きます。
ブルーシールのアイスを食べながら、離陸着陸をする飛行機を眺めて時間を過ごすのは優雅でいいものです。
飛行機が着陸する際に感じるどきどき。
それに似たものを、今回の舞台では感じられるかもしれません。

ぜひ、遊びに来てくださいませ。
劇団員一同、お待ちしております!

なかむら

ファンタジック

こんばんは!そして、初めまして!新入部員の
くめあんな と申します。6月公演はスタッフとして参加します。よろしくお願いします!

先日、今公演の討ち入りがありました。居酒屋の向かい側に旅館があったのですが、修学旅行生が布団を並べている姿がカーテンの間から見えていました。

その様子を見たとき、
中学のスキー合宿、同室のみんなで夜中3時まで語り尽くした夜のことを思い出しました。
会話の8割が、「もし彼氏ができたら、どんなことをしたいか」という妄想話。

今思えば、中2女子のしょーーーもなくて、痛々しい妄想なのですが、そのときはその妄想が
自分たちの全世界のような気がして。
あほみたいやけど、
最高に楽しかったのを覚えています。


若いっていいな〜(笑)
あの頃みたいな 爆発的な想像力がまだ残っていれば、今のお芝居の幅も広がるのかな〜なんて最近思ってます




さぁ!
稽古4週目です!再来週には本番!
がんばりましょう!!!

初めてづくし。

こんばんは。はじめまして、一回生スタッフ参加の奥田です。

タイトルにも書いたのですが、大学生になってから初めてのことづくしです。
学校が遠い、授業が長い、クラスが無い、履修登録、学食、レポート……あとは、中高と部活がなあなあだったので先輩後輩というのもわりと初めて感だったりしています。もちろんブログを書くのも初めてです。

実は演劇も初めて。
演劇部は無かったし、やったことはもちろん碌に見たこともない、周りからすればお前なんでサークル入ったんだっていう。
ステージに関わりたい、舞台スタッフやりたい、ってだけで決めたのでこれからどうなるのかドキドキです。

私自身役者をするつもりはないのですが、稽古場にいるとほんとに役者さんすごいってなるし、いろんな人に見てもらいたくなります。
ので、私は私で、スタッフとして頑張っていこうと思います!

こんにちは!同志社小劇場1回生の大谷彩佳です!
京都に来て、2ヶ月、初めてのことがたくさんで、入学式が遠い昔に感じます。。
やっと、最近1回生というのにも違和感がなくなりました笑(関東では大学も1年生といいます)
私が演劇に興味をもったのは、ほんの1年位前で、それまでは、ずっとバレーボールに打ち込んでいて、演劇とは無縁の生活だったのですが、映画はみるのが好きで良くみていました。
その日もふらっとDVDを何本か借りて見ていたのですが、その中にとっっってもおもしろい映画と出会い、1週間ほとんどその映画しか見ずに返却したのを覚えています。笑
その映画の原作が演劇だと知ってから、大学では演劇をやろうと決め、今好きな所で好きな演劇ができていて、1年でこんなに変わるんだ!と自分でもびっくりしています!
タイムマシンにでも乗って1年前の自分に自分の名前が載ったビラを見せてあげたいなぁ~
稽古も中盤戦!!まだまだこれからがんばります!!

はじめまして。

はじめまして!一回生の泉柚衣です。今回の劇では役者をやらせていただいています。
ブログとかって書くの初めてで…さっきもせっかく最後まで書いたのに間違えて全部消去しちゃったんです。なのでいろいろ至らないとことかあったらすみません。
最近寒かったり暑かったりな天気が続きますね…寒暖差で風邪ひいちゃいそうです。手洗いうがいしっかりしなくちゃダメだなーと改めて思いました。

わたしが演劇をはじめたのは高校生の時なのですが、Wキャストというのはしたことがありませんでした。なので今回すっごくドキドキワクワクしております。

もうすぐ梅雨が来てジメジメとした天気が続きそうですが負けずに気合を入れて稽古に取り組んでいきたいです。

たくさんの

こんばんはー!😊
今公演役者参加させていただいてます、2回生の南ですー!
今回はWキャストなこともあり、たくさん役者がいて、賑やかで楽しい稽古場ですっ!
新入団員を見ていると、やっぱり、去年自分が入団したときのことを思い出しますね(笑)
同志社小劇場に入団して、1年、とても充実した日々だったなあと思います😘
今回の劇、愛情マニアは、恋心が渦巻きまくってる話です!中には、自分には理解し難い恋愛観を持っている登場人物がいます!でも、その登場人物に共感してる人もいます!すごく面白いなあと思います!!
世の中にはいろいろな恋愛があるんですね!!
愛情マニア!面白いです!是非観に来てください!!

では、おやすみなさい😪

同志社小劇場六月公演『愛情マニア』



同志社小劇場6月公演『愛情マニア』
作:サリngROCK 演出:清水聡朱

≪日時≫
6月24日(金)19:00(A)
6月25日(土)14:00(B)/18:00(A)
6月26日(日)14:00(B)


※『愛情マニア』はキャストをAグループとBグループにわけ、一部Wキャストで上演いたします。
公演日時によってキャストが異なりますので、ご注意くださいませ。

≪会場≫
同志社大学新町キャンパス学生会館別館小ホール

≪キャスト≫

Aグループ
稲垣綾菜
岡田拓
吉川まなみ
川崎祐輔
南みな子
泉柚衣
大塚広輝
秋元ひなの

Bグループ
清水聡朱
岡田拓
中村美月
川崎祐輔
南みな子
泉柚衣
大塚広輝
大谷彩佳

≪料金≫
前売り:300円
当日:500円
カップル割:カップルでご来場いただくと、おひとりさまあたり100円引きをさせていただきます。(自己申告制)

≪あらすじ≫
一人暮らしのOLの部屋には、男子大学生が監禁されている。
彼はなぜか監禁を受け入れ、逃げ出すことをしない。
紙飛行機を折りながら、妄想をして暇を紛らわす。
女の不在中に様々な訪問者が彼女の部屋を訪れ、2人の関係を変えていく。
逸脱への渇望をくすぐる奇妙なラブコメディ。

≪ご予約≫
メール:dshogeki@gmail.com
Twitter:@DshogekiへのDM、リプライ
シバイエンジン:http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=f183291d05



ボートとかその他の話

お久しぶりです (もしかしたら一年近くブログ書いてなかったかも(゚∀゚))
今年もまた同志社小劇場に新入生がたくさん入ってくださいました。
その中で今年の新入団員でただ一人の男子の大塚君は元ボート部ということでボート見てて思った話をしようかなと思います。

ていうのは、ボートってなんか変わったスポーツやなって思うわけです。
基本スポーツって進行方向 (前) を向いてプレーするわけです。
でもボートは今まで漕いできた方向に体を向けて、進行方向に背中を向けて進んでいく。己の力だけを頼りに。
それはまるで人生のよう。
人間ってやっぱり弱い生き物で、どうしても過去を思い出さないと生きていけない。未来よりも過去のよかった話とか、ちょっとした栄光とか語りたがる生き物で、俺自身も今日稽古場行った際に、後輩に過去の公演の話ばかりしてたし、どうしても未来より過去のこと話してしまう。昔のことはわかるけど、これから起こることなんか、一つも分かりっこないし、これからやってくるものにどうやって対処していいかもわからない。でも時間の流れがあるからか、なんにもしなくても (漕がなくても) 流されていくし、目的もって一生懸命頑張れば (漕げば) しっかり目的地にたどり着けるし。

今劇団の現役生の中で先輩のいない上級生になった今、後輩よりも先で 「ボート」 を漕いでいる自分はいったい後輩たちのまた、劇団のために何が出来るか、悩む日々です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
今年劇団に入ってきた新入生たちは、演劇に関わったことのない者も多く、どうしてよいのか分からぬ中で、悪戦苦闘しておりますが、稽古場に遊びに行くたびに良いものが出来ていく予感があります。
ぜひ6月24,25,26日には、同志社小劇場の公演にお越しください。よろしくお願いします!

ではでは3回生の岸でした!
プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる