FC2ブログ

ぼくもなれるスターに。

そこのけそこのけにさわまほが通る。
ツイッターでテンション上がるの申し訳なくなってきたのでブログ書いて落ち着きます。劇団ブログの私物化ふたたび。


あれもしたいこれもできるって思う。
まだまだどこまででも行ける。

伸びしろがあるって素敵なこと。ほんとうに。


生きていくために演劇やってるとかバカみたいなこと考えてるけど、だからこそ、芝居への取り組み方が、まんま私の生き方になるんやなって。そんなことを思います。

この役から逃げることは人生から逃げることだって、七月のときもブログに書いた気がする、、
だから、背筋の伸びる思いで、いまの芝居もっと良くできるように。信じる。びりーぶ。


人生これからもっと良くなるって思えたら素敵。
あれもしたいこれもできる、もっとがんばればもっと良くなるって。
しあわせになりたいから、しあわせなことが待ってるって信じてるから、だから生きていける気がする。
私はそうやって生きてきたんだなって気がする。


なんだか今公演、人生について考えさせられてしまってる、、?
着々とフラグ立ててる気がしなくもないです。にさわまほは死にましぇん。


唇に聴いてみる、この芝居が大好きなんです。

自分の役も大好き。
彼といると視界が開ける。
人生って世界って、単純なんだって思える。
がんばれば何だって攻め落とせるんだって、いつか絶対良くなるんだって、信じてるから、彼は強い。
七人いればどこまでだって行ける。

愛する仲間と結束できたら無敵。
身一つで世界に立ち向かえる。

一生懸命生きてる。
うだうだ立ち止まったり、自分を過大評価しようとしたり、よそを気にしたりなんて無駄なことはしない。
まっすぐ前を見てる。
足りない頭で一生懸命考えてる。
この商店街がすべて。ここの仲間がすべて。
世界はそれだけでできている。

自分だってユル・ブリンナーになれるんだって、無条件に信じられる。

夢みたいにしあわせな役。
一生懸命、生きてみます。
彼のまっすぐさに救われながら。


テンションあがりっぱなしですが寝ます。

また会いましょう。
あでゅー。
スポンサーサイト



悦子ちゃん

こんばんわ
3回生の小畑です
今日は皆が恐れる通しでした
ゆーて通しもあと2回しかやらないんですね
わあセンチメンタル(⊙ө⊙)

通しにしては楽しかったんですけど自分的に全然納得いかなかったのでまだまだ考えないとでした。周りと自分をいかにたてるか
ダメ出し聞くと少しでも何か見えた気がして成長の余地がこんなババアにもあるんだなとしみじみ思います。
知恵熱が出るにはいたってないので本当まだまだです。
取り敢えず後悔だけはしたくないなあ
後々思い出して辛くなければそれが一番幸せですね。

昼に聞いたせいか石崎秋子の悦子ちゃんの歌声が耳から離れないので、WALKMANで聞きながら久しぶりに布団で寝ようと思います。
悦子ちゃんみたいなババアになりたい
皆様も良き老後を
きっと倖せ

きらきら

誰かが私を待っててくれるかな?

と、ちらちらこっそり更新、
お待たせしましたにさわまほです。
(誰も待ってない)(お約束)


きっといい芝居になる。


と。


確信して稽古しております。


今までだって勿論、最後には必ずいい芝居になると信じて、びりーぶ、にさわまほやってきたけれども、

やっていてたのしい。
見ていてわくわくする。
ここからもっと良くなるって思える。

三拍子そろったの、久しぶり、だと思います。こんな早い時期に。早い時期だからか??


早いものでもう3週目通しが迫っております。
(ちょっとブログ更新サボりすぎたかな)
ずっと稽古してたい、まだ皆といっしょにいたい、公演終わりたくない、なんて、1回生のときから思い続けてたね。

人生は続いていくんだから、

今なにか怖いことがあっても、きっと私は数十年後も生きてて、

懐かしく今を思い返すこともあるんだろうなあ。

オブラディオブラダ。
じんせいはつづく。


そう思ったら、生きていくことも怖くないかもね。


8年間舞台に立ってきて、

ずっと、ずっと、生きる指針を探していたような気がします。

私の役が私にいつも、生きる道を教えてくれた。

今度もそうだと思う。
生きる力をもらってる気がする。


唇に聴いてみる。

人生、だと思います。この芝居は。
観ていれば、きっと自分の過去とか今に触れられる気がする。

夢のような時間をお届けします。
私がいま捨てたくない時間を、全部、舞台にのせるので。

きらきら~~。

愛感じてください。


人生が愛おしくなる、
こんな舞台が大好きです。


にさわまほお送り。

最近知ったこと、金沢はおしゃれな場所(スタッフ・宣美日記)


こんにちは!3回生スタッフのおじょです(*^◯^*)

先日ビラ、ポストカード、チケットを入稿し、ビラとポストカードは劇団の手元に届いております!!
後輩たちと一緒につくりました!なんと今公演のビラは紙質が近年の同志社小劇場つかったことのない紙質であります!!!
是非皆さまお手にとってご覧くださると嬉しいです。

私はビラたちをつくる作業、最初ほんとのほんとにできなくて、本当辛かったり苦しかったり沢山ありました。
今の自分があるのは、師匠のおかげだと思っていて、やっぱり尊敬や感謝があります。おかげさまでわたしは宣伝美術好きだし、楽しいです。つらくてもどうしてかまたやりたいと思ったりしました。感謝。

作業中のわたしにいつも周りの人たちは優しく、差し入れくれたり元気づけてくれました。

年月経って自分も先輩なんかになっちゃって、わたしの下に入ってくる後輩たちは優秀な後輩たちばっかり。そんな後輩たちに助けられてきたし、後輩たちから教えられることがあります。

宣伝美術は何度やっても、まだまだ課題は多いのでしょう。きっとそれはどこも同じだど思うし、演劇だって楽しいことばかりではないでしょう。

今公演の物語、私読んだ時面白いなって思いました。笑えるという意味ではなく。
稽古場いくと役者が多く、楽しいです。私は演出できるような人間じゃないので、演出の人は賢いなぁ、、って感動してます。
なんだか、個人的に今公演楽しいが多い公演であります。

私は、面白くて素敵なものもってる同期だと思ってて、今公演で是非みにきてほしいと思います。
是非皆さま宣美班がつくった、ビラ、ポストカード、チケットを手にとってほしいしそこから予約しちゃってみにいらしてほしいです。

長々となりました、このへんで。

《制作日記》稽古16日目



みなさまこんばんは!
同志社小劇場制作のナカムラです。

だんだんと秋が深まってきましたね。
日に日に夜が長くなっていくのを感じて、少しさみしさを感じる季節になってきました。

稽古も3週目に突入し、戯曲への理解が共通のものになってきているように感じます。
まだ、感覚でしかわからず、言葉に表現できないのですが、誰もが体験したことあるような感じ・・・。

とにかく、魅力たっぷりの戯曲でございます。

読んでいて、文章の美しさに気づかされます。
心をしっとりとざわめかせる文章があります。

うーん、日本語ってムズカシイ!

ぜひ、この感覚をみなさまと共有したいです。
観に来ていただきたいです。

なんだか、この季節にぴったりの戯曲だなぁと思います。


「唇に聴いてみる」
作:内藤裕敬  演出:舩津丸葵

日時:
10月16日19:00
17日14:00/19:00
18日14:00
 

会場:同志社大学新町別館小ホール

料金:当日500円/前売り300円

ご予約は↓↓
TwitterDM:@Dshogeki
Mail:dshogeki@gmail.com
シバイエンジン:9oo.jp/qruKLN

どちらからでもお待ちしております!!

3回生・役者・井深



運動会では
ダンボールの中に入って
ゴロゴロ転がしてくあの競技が
好きだったな、と思い起こします
3回生の井深です。

統治二論のレポートが終わって、
久しぶりにブログ更新しよかなあと思って、
学校のパソコンからみんなのブログを読んでから
書こうかなあと思って、
読んで、

みんなやっぱり頭いいなあ、って思う。
文章の構成とか、もっと読みたいなあ、ってなるし、
普通に面白いし。

私は面白い文章書けないので、
そんな感じ希望の人は
ほかの方のブログをご参照くださいませ、、、

毎日、すごく稽古が楽しいです。
みんな大好きだし、そんな人で集まって、
しかも演劇やれてるの、すごく楽しいし、
私、ひとり大学が違うから、
引退したらほんとにみんなと
滅多に逢わなくなっちゃうんだろうなって思って
授業かぶったり、とかキャンパスですれちがったり、とか
そんな日常もないなあ、とか

そんな漠然としたモヤモヤモヤがあるから、絶対今度の公演、後悔?
なんか「後悔したくない!」とかそんな熱い感じじゃないし
そんな軽い感じでもないんやけど、

とにかく、終わったとき一番に満足感ほしくって、貪欲だけど、
そんなんで毎日稽古してます。

一日がもっと長くて、もっとみんなと居られたらいいのになあ
あ、これ悪いほうのフラグ、、? ガッシュだとここで砂のお城にパティが降ってくるんだわ。

そんなダークネス、振り切って稽古しています
稽古していますしか書いてないけど、ほんとに稽古しています
すごいものが、なんか、できるといいな。
毎日みんなでがんばってます。

演出です



毎日、稽古です。

まだ同志社大学は夏休みなので、昼間の稽古です。
普段は今出川にあるキャンパスでの稽古なのですが、広い部屋を使えるということで最近は京田辺の方のキャンパスに来ています。

京田辺は、のどかで、良いです、とても。
心が清らかになる感じです

そんな京田辺キャンパス、昨日は同志社国際の中学生?高校生?が運動会をしていました。
みんなが賑やかな音楽とともにワイワイ盛り上がっている、そんな光景を眺めながら、自身の運動会の思い出を振り返ったりしました。

思い返すと、私は、小学校の運動会、2回くらいしか参加したことがありませんでした。
6回チャンスがあったのに、2回だけでした。
でも、二回しか参加しなかったことで、運動会の記憶は、かなり鮮明です。
ソーラン節が得意だったと思います。

中高の体育祭は、私の通っていた中学高校は校庭のない学校だったため、なんのゆかりもないデカイ体育館を借りておこなわれていました。
リレーはクラスの半分が出場する形式で、選ばれる人数が20人だとしたら、いつも20位でギリギリ選ばれていました。
なんで20位のわたしが1秒以上もタイムの違う人間と争わなければいけないのか、極めて遺憾でした。

うーん、運動会で、1番盛り上がる競技って、何なんでしょうね、
ソーラン節が踊ってる側としては1番盛り上がると思うんですけど、

そんなこんなで、10月公演のお話しを。

昨日は、打ちいりだったようです。
私は、アルバイトでした。
なので、行ってないです。悲しい。
打ち上げには行きたいので、お金を稼ぎます。

今回の舞台では、役者達の体力に一任することで、一人の青年の過去と現在を行き来するストーリーを構築しています。
もう、毎日みんな稽古場で走り回っているのです、、
筋肉痛だろうとなんだろうと、本当に、もう毎日、それこそ運動会、みたいな、、、役者にかなりの肉体的疲労を課しています。
怪我だけはしてほしくない、しないように、稽古をしています、ギリギリのライン、、。

戯曲はショー劇の、今のメンバーにピッタリだとおもいます、ピッタリなのを選んだつもりですし、皆なら出来ると信じた戯曲です。
私自身役者ではないのですが、団員の皆を信じて、演出をつけています。
信じることができるメンバーで、良かったです。本当に。

三回生の引退です。是非お越しください。

同志社小劇場 十月引退公演
『唇に聴いてみる』
脚本:内藤 裕敬
演出:舩津丸 葵
演出補佐:清水 聡朱

《日時》
10月16日(金)19:00
10月17日(土)14:00/19:00
10月18日(日)14:00

《キャスト》
岡田 拓
竹ノ内 良
稲垣 綾菜
川崎BB108
大石 康平
にさわまほ
岸 誉大
あまぞねす@京田辺
井深 詩文
しもみー
中村 美月
南 みな子
奥村 奈緒
小畑 紀子
やまもと

《あらすじ》
昔、僕はいろんなものを見た。

クワガタのいる森で、腕の生えた蛇を見た。
商店街の裏道で笑う犬を見た。
近所を歩く三億円事件の犯人を見た。
夜中、僕の家の風呂場に隠れている、ドロボウを見た。

…そんな僕の赤いハンカチ。
それは風になびいたかと思うと僕の手を離れ、夏に燃え、秋の空に消えたのだ。

あの頃、僕は、唇に何を聴いていたのか。
強く噛む度に額に駆け上ったのは、一体何だったのか―。

子供時代の淡い初恋の思い出、現実と追想、妄想が交錯する、
摩訶不思議なハイテンション群像劇。


《料金》
前売:300円
当日:500円

《会場》
同志社大学 新町キャンパス
学生会館別館小ホール(101)

《お問い合わせ》
Mail:dshogeki@gmail.com
Twitter:@Dshogeki
予約フォーム:http://bit.ly/1iDy3eY

《公演情報》
CoRich舞台美術!:http://qq4q.biz/nU6j










《制作日記》稽古11日目

こんばんは。
制作のナカムラです。

本日、稽古11日目は、左京西部いきいき活動センターでの活動でした。
今週は、新町の小ホールが工事で使えないというイレギュラーな事態にみまわれてますが、
役者、スタッフ一同、懸命に前進しております!

紙に書かれたセリフやト書きが、形になって動きになって・・・・。
少しずつ、役者間でも、スタッフ間でも、共通のイメージをつかむことができてきてわくわくしてきます。
舞台にしか表現できない世界があります。
今回の公演は、そんな醍醐味がたくさん詰まったものではないでしょうか?
まだ、2週目!でも、もう2週目!
時が経つのは早いです(*^^)v

まだ、舞台を鑑賞したことがない方や、秋のおでかけに迷っている方!
10月は新町にぜひ遊びに来てください。


さて、今週末には討ち入りもあります。
参加者全員と仲を深めていけますように!

「唇に聴いてみる」
作:内藤裕敬  演出:舩津丸葵

日時:
10月16日19:00
17日14:00/19:00
18日14:00
 

会場:同志社大学新町別館小ホール

料金:当日500円/前売り300円

ご予約は↓↓
TwitterDM:@Dshogeki
Mail:dshogeki@gmail.com
シバイエンジン:9oo.jp/qruKLN

どちらからでもお待ちしております!!

同志社小劇場はTwitterでも、日常の稽古や公演情報を随時更新しております。
そちらも、ぜひチェックしてみてください。
Twitter:@Dshogeki

ながーーーーーい、ブログ。

ヘビーブロガーの異名をそろそろ返上するとき?
ブログ更新のきっかけを見失いつつある、にさわまほですごきげんよう。

特に書きたいことはまだないのですが、いちおう腐ってもヘビブロとしてなにか更新してみようと思い!
例によってお暇な方だけお付き合いください。


チャーリーゲームって知ってますか?

最近中高生の間で流行ってるっていう、メキシコ版こっくりさんなんだそうです。(どうでもいいけど中高生に流行ってるものがわからない歳になってしまったのか…驚きを隠せない)
鉛筆を2本クロスさせてYES/NOって書いた紙の上に置いて、っていう、まああとはだいたい想像つくと思うので省略しますけど。

こっくりさんは昔一度だけやったことあったなって思い出しました。中学生の頃、演劇部で。

私怖いものとか超嫌いで、当時もホラー系弱かったのに、こっくりさんとか小学生時代は死んでもやりたくなかったのに、なんかそのときは、やってもいいって気になっちゃったんですよね。
気心知れた演劇部の先輩たちと、この人たちとなら、何も起こらないだろうし、何も怖くないなって。

紙用意して、十円玉置いて、みんなで指載せて、例の言葉唱えて、





何も起きませんでしたw


拍子抜けするぐらい何も起きなくて、「ですよね~~」で終わりました。
(にさわまほは生命力強いのか霊感がゼロというかほぼマイナスみたいなものなので、にさわまほの所為で何も起きなかったのかもしれない…今ならそう思う)


でも、何も起きなくて良かったんだけど、ほんのちょっとだけ残念で。

おとなになっちゃったんだなって。


小学生の頃はもっと違った。

自分は本当は人間じゃなくて、精霊なんだって信じてた。
近所の工場の機械が、話しかけてくるように聞こえた。
ベッドの上で雨乞いをすれば、翌日雨が降った。
空の雲が、本で読んだ空想の生き物に見えた。

非現実を、現実として信じてた、そんなふうに見えていた頃。
世界はもっといくつも分かれていて、ふとした瞬間に空間が歪んで、異世界を垣間見ることができた。

おとなになったら、何も見えなくなったけれど。

子どもの心を忘れないとかそういう問題ではなく、年齢を重ねたら、だれでも見えなくなってしまう。

トトロといっしょ。
お父さんがどんなにトトロを信じようとしていても、トトロはサツキとメイにしか見えない。

千と千尋みたいに、昔不思議な体験をしたのに、覚えていないのかもしれない。

おとなになりたくないって、ピーターパンみたいに、憧れていた頃。


この話にちょっとでも共感できるひと、
『唇に聴いてみる』で
見えなくなったものを見たくありませんか?

公演は10/16(金)~18(日)。
新町別館小ホールでお待ちしています。

(長々なブログをここまで読んだひとは偉い。無料とかにしてあげたくなっちゃう。受付でにさわ招待ですって言ったら無料にしてあげますよ。予約してね、、)

くちびるげるげ

私でいいのか悩みつつ書いちゃおうっと
引退する3回生小畑です
引退まであっという間だったと早かったとかか腐るほど引退に付きものな言葉なので敢えて長かったって言っときます

今はまだ授業もないし通しも先なので稽古超楽しいです
田辺稽古が多かったのでご飯行ったり鍋したり賑やかでそれも楽しいです。
他にもやらなきゃいけないことが沢山あるのにレパ読んだり照明考えたり芝居のことばっかり
確実に社会不適合者への道を歩んでいます
引退したらほんとどうすればいいんだ
答えを探しつつ頑張ります

皆様も良き人生を

≪制作日記≫同志社小劇場10月公演のお知らせ

同志社小劇場10月公演のお知らせです。


唇に聴いてみる
作:内藤裕敬  演出:舩津丸葵

日時:
10月16日19:00
17日14:00/19:00
18日14:00
 

会場:同志社大学新町別館小ホール

料金:当日500円/前売り300円

走って踊っての大騒ぎ?
摩訶不思議な同志社小劇場のフェスティバルに遊びに来ませんか?

作者の内藤裕敬氏は、1980年に旗揚げした「南河内万歳一座」の座長で、この「唇に聴いてみる」で第2回テアトロ・イン・キャビン戯曲賞を受賞されています。
また、第3回OMS戯曲賞「大賞」や、第7回読売演劇大賞・優秀演出家賞などにも輝いています。


3回生の引退公演です。
ぜひ、みなさまお越しくださいませ。
劇団員一同、心よりお待ちしております。

ご予約は↓↓
TwitterDM:@Dshogeki
Mail:dshogeki@gmail.com
シバイエンジン:9oo.jp/qruKLN

どちらからでもお待ちしております!!

同志社小劇場はTwitterでも、日常の稽古や公演情報を随時更新しております。
そちらも、ぜひチェックしてみてください。
Twitter:@Dshogeki

プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる