FC2ブログ

楽日朝

おはようございます🌞一回生和田見です。遂に楽日が来てしまいました。気分が沈んでしまったり、変にソワソワしてしまったりした時、助けてくれたのは三回生の先輩でした。思えば初めて合宿に参加した時初対面でガチガチの僕に最初に優しくしてくれたのも三回生の先輩でした。稽古で迷った時、良いのが思いついた時、必ず三回生の先輩のもとへ言っていました。頼りになるなぁ・・・三回生。


そんな人たちが今日同志社小劇場を卒業します。最後の公演を終えたら舞台をバラしてしまう。そしたら引退公演は終わってしまう。


それでも、それでも三回生の人たちと全くさよならとはしたくない。僕らの人生は続いてく。その中で別に演劇のつながりじゃなくたっていい。また会いたい。どうでもいいことを話したい。そんなことを思いながら最後の公演を迎えます。エモいね、
エモすぎて正直少し泣いてます。2割ぐらい(?)

でも泣くのは公演終わってから、みんなで泣きたいな。泣かなくてもみんなで気持ちを共有出来たらいいな。

それでは楽日、楽しんできます!!
スポンサーサイト



楽しいことはいつか終わるもので、こんなにしあわせな公演も今日には終わるので。

前に前に進んで行かねばとおもいます。

去年はもう明日から学校行く意味なくない?って思うぐらい引退公演が寂しかったのですが、今度引退するのはどうやら私自身のようですが、明日からも舞台は続いていくので、終わりはないので、また新しく始められたら、と。

エモいが合言葉になってるこの頃の小劇、エモエモなのも今日で終わり。

だいすきな『BUDORI』にあと1ステージ出演できる幸せを噛み締めて。

おやすみなさい。

日付変わって今日が楽日。
にさわまほでした。

キラッキラ

こんばんは!一回生の秋元ひなのです。
ついに公演が残すところあと一回となってしまいました‥。
帰るのは終電(もはや最寄りまで行けてない)で、朝も早くて体力的にはキツイはずなのに、こんな毎日が凄くキラッキラで。
今日終わってほしくないって思う反面、もっともっと色んなお芝居したいって。そうしたらやっぱり1つ1つ終わらないと次はこないから、だから、全力で楽しんで、お客様に楽しんでもらって終わりを迎えたいなって思ってます。
本日14:00から小ホールでお待ちしております。
是非、足をお運び下さい!

喉がぁぁぁぁ…

お疲れ様です。

3公演を終えて喉もメンタルも体力もくたくたな野武探偵を演じます、相徳です。

今回が人生初めて「演技」というものをしたんですが、いざ舞台に立つと面白くて楽しすぎて…

回を重ねるごとにこうすればいいのか!っていう手応えが増えていきます。

今回はお客さんがすごく優しくて、笑ってくれるのもすごい嬉しいです。

明日で最後です。

ナルシストでどこか天然で…そんな三枚目な野武を見せられるように明日はすべてを出しきります。

新町別館小ホールにてお待ちしてます!

うぬぼれ初日。

みたび更新。今公演演出・出演のにさわまほです。演の字多いな。

初日ステージ終演しました。
「しょにち~~」って感じの舞台、毎回そうだけど、初日はいろいろあるしみんなちょっとそわそわしてるし、この落ち着かない雰囲気ちょっと好きです。


自分の企画で二人芝居やりながら演出っぽいことしたり、夏プロ公演で演出だけやってみたりしたのですが、同志社小劇場本公演で、しかも演出役者やるのははじめてです。

私演出なのになんで客席で観られないんだろう。。とか思いながら、幕裏からずっと舞台を観てました。上演中。
本当言うと、今回最初は演出する気あんまりなくて、私は役者やるのでっていうつもりでいました。

でも、実際に初日まで来てみると結構ばっちり演出してて、ああこれ私が観たかった芝居だ、と思いました。最初から最後まで、私が観たかった芝居でした。そりゃそうだよなあ、観たい芝居つくるために演出してたんだもんなあ。

演出やるたびに、毎回もう演出はやらない、次は役者だけやるぞって思うのですが、同じくらい毎回思うのは、出演してる役者全員のファンになれるってことと、この芝居が端から端まで好きだっていうこと。
反省点はもちろん毎回あるけれど、身内贔屓というか思い入れというか、そういうのもあると思うけど、やっぱり演出したら当自分の好きなものを芝居に盛り込みまくるから、当たり前に隅々まで好きな芝居が出来上がって、それって実はすごく幸せなことなんじゃないかって。

演出してよかったなあと思ってます。初ステの舞台映像を見始めたら楽しくて止められなくなっている夜です。


今まで企画した公演は「淡い」と言われることが多くて、日常を描く系って言われてて、でも自分では特にそういう芝居を選んでつくっていたつもりはなかったのですが、「BUDORI」は今までとは違った雰囲気になってるみたいです。
演劇っぽい劇、大劇場モノに近い芝居、ちょっとだけアングラっぽい雰囲気。日常系よりこちらの方がにさわまほらしいって言われそう。

でも、日常系が多いって言われる理由はなんとなくわかった気がする。私、たぶん、舞台上に存在する日常が好きなんですね。今日裏から舞台を見ていて気づきました。舞台って虚構のものだから、舞台上で「本物」の風景を見られるときゅんとするみたいです。きゅんとしました。本日。

私に聞いてもらったらおすすめポイント100万ぐらい挙げられるので、それぐらい大好きな芝居なので、明日からも精進してまいります。
あと3ステ、楽しみ楽しみ。このたのしみ分けてあげたい、皆さまどうぞ小ホールへ。

にさわまほでした。
プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる