FC2ブログ

わー

あおちゃんこと、一回生の横井碧です。
まずは自己紹介から始めようと思います!


出身は東京です。
地元は神奈川扱いがお約束の場所ですが、そこは都民の意地があります東京です。

とにかく平家物語が好きです。
平家大好きで源氏は目の敵にしがちです。
でも鎌倉は好きです、小町通り楽しい。
平家の子って覚えて貰えたら嬉しいです。

あとはそうですね、
好きな色はやっぱり青とか。
動物と人形がすごく苦手とか。
ガリガリ君食べたことないとか。

色々ありますが、とりあえずこの辺で!
今回のテーマの「思い出」についてお話ししたいと思います。



今公演にも少し関係するんですが、
私は小さい頃の記憶は結構残っている方です。

まだ3、4歳くらいの頃だったと思います、
父と一緒にお散歩に行ったんですね。
父の漕ぐ自転車の前カゴに乗せられて、多摩川沿いを走って、小さな公園に出ました。
そこにはやたら鎖の長いブランコがあって、
私より2つくらい年上の真っ白いワンピースを着た女の子が、勢いよく立ち漕ぎしていました。
私もその子のように乗りたくて隣のブランコに座ったものの、足も届かず上手く漕げず。
父に背中を押されて、やっと高くまでいきました。
ああ早くお姉さんになりたいなあって思った気がします。

そうしている内に雨が降ってきました。
太陽は出ていて、お天気雨だったんです。
傘を持っていなかった私達は、近くの歩道橋の下で雨宿りをしていました。
次第に雲も出てきて、雷の音も響き始めました。
雷が近づくにつれて、小さい私は、
「雷様におへそ取られちゃう!」
なんて言ってました。恥ずかしいです。
父のくれたハンカチをお腹にあてながら、雨が過ぎるのを待ちました。

しばらくすると日が差してきて、雨は上がり、雷は遠くなりました。
父と私はそのまま階段を登って歩道橋の上に出ました。
そしてその上には、とても大きな鮮やかな虹が空いっぱいにかかっていたんです。

お天気雨や虹を見たとき、いつもこのことを思い出します。
それまでもそれからも、あんなに綺麗な虹は見たことがありません。


15年の時を経て、大分美化されているような気もします...。
でも幼い私の目には、日常はこのくらい幻想的に映っていました。
いつまでも大事にしておきたい思い出です。



そんな「思い出」が鍵となる6月公演の詳細は以下の通りです。

同志社小劇場6月公演
『ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング』
脚本:山崎彬
演出:坂本美音
演出補佐:森實春香

【日程】
6月28日(金)18時30分
  29日(土)13時/18時30分
  30日(日)13時

【料金】
前売り 300円
当日  500円
*思い出割:幼少期の写真のご提示で、300円割引させていただきます。

【場所】
同志社大学新町別館小ホール

ご予約は、当アカウントへのリプライ・DM、dshogeki@gmail.com宛のメール、
又はシバイエンジン予約フォームにて
bit.ly/2VYtlvg



演じる私達にとって、また観劇してくださる皆さんにとって、この公演が素敵な思い出になりますように...!


次は絶妙なイントネーションの名乗り台詞で私を笑わせにかかる山田さんです。
スポンサーサイト



はじめまして。一回生の中右千夏子です。名字をなかなか一発で読んでもらえないのですが、ナカウです。某丼ものチェーンとは無関係です。

私は文章を読むのは好きですが、書くのは嫌いです。小中の読書感想文とか、高校の小論文とか、滅べばいいのにって思ってました。なので、読んで面白いことは書けませんごめんなさい


中学時代は美術部だったのに、気がついたらなぜか高校で演劇部に入ってました。ド素人で始めた演劇ですが、舞台をつくり、お客さんから様々な反応をもらえるのが楽しかった。それで「大学でも演劇したい」と思って今に至ります。入団して、大学演劇は、基礎練の充実度合いとか、作品の完成度とか、今までやってきたものとは違うなーと感じました。と同時に自分の未熟さを感じ、ここでまた一から頑張らなくてはと思っています。

ところで、小劇に入団して思ったのが、「変な人多くて面白いな」ということです。小劇に限らず、演劇する人はそういう率が高いと思ってます。高校の先輩にも個性的な人が多かったので。
私は密かに変人なるものに憧れていたりします。変わってるねっていわれると、ちょっと嬉しいです。残念なことに、私は割と普通一般の人ですが…。どうすれば個性ある面白い人になれるんでしょうね
 
ブログのテーマが思い出らしいですが、私は楽しかった思い出とかをあんまり覚えておけないタイプです。忘れてるなって気付く度、寂しくなります。どうしようもないので、新しい思い出をたくさん作ることに専念しようと思います。同志社小劇場で、観客にも、自分にとっても記憶に残る公演をしていきたいです



同志社小劇場6月公演
『ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング』
脚本:山崎彬
演出:坂本美音
演出補佐:森實春香

【日程】
6月28日(金)18時30分
  29日(土)13時/18時30分
  30日(日)13時

【料金】
前売り 300円
当日  500円
*思い出割:幼少期の写真のご提示で、300円割引させていただきます。

【場所】
同志社大学新町別館小ホール

ご予約は、当アカウントへのリプライ・DM、dshogeki@gmail.com宛のメール、
又はシバイエンジン予約フォームにて
bit.ly/2Vytlvg

それでは、次は一回生あおちゃんに回します

どうもこんにちは!新入生の悠真といいます。ユニークさに満ち溢れた千田さんのブログの後なので、少しやりづらいですけど、自己紹介も兼ねて頑張って書いていこうと思うので少しの間お付き合いください😊
自分が大学で演劇をやることになるといったら昔の自分はなんて言うんだろうな,,,ってふと思う時があります。そんな自分がこの同志社小劇場に入って本公演に参加をするまでの過去や経緯を、そしてこれからの抱負をこの場に軽く文字として投下しておけば、ここを新しい足場として大きな一歩を踏み出すことも、間違った道に迷い込んだ時の道しるべにこのブログをつかうこともできるのではないかと期待しています。そしてこれもまた読んでくれている人と僕の新しい思い出のひとつになると嬉しい限りです。
「幼稚園のころの夢はスーパーレンジャーや仮面ライダーだった!」っていう話はありがちだと思うんですけど、じゃあ皆さんは小学校の卒アルの将来の夢の欄になんて書いたか覚えていますか? プロサッカー選手?プロ野球選手?お医者さん? 僕が書いていたのはなんと俳優でした。俳優と聞くと、お前そんなイケメンじゃねえだろだったり、どう間違っても佐藤健にはなれねぇよ、なんていう白羽の矢がビュンビュン飛んできそうですけど、僕があこがれていたのは吉本新喜劇の方たちでドラマや映画俳優の方たちではありませんでした。小さいころから広島に住んでいたのでなかなか大阪にいけなかったのですが、何かの節目には親になんばグランド花月に連れて行ってもらったり、日曜日のお昼にはテレビにかじりついて新喜劇を見るというくらい大好きだったんです。(来年、20祝いに知り合って八年にもなる女友達と二人で見に行くことを六年前から計画していますw)ただあのころは、漠然としたあこがれがあるだけで自分には到底無理だと思っていました。
人の前に立って何かをするのが好きな性格なのは昔からなんでしょうか。バトミントン部キャプテン、ダンサー、紅白リレーアンカー、NZの大学で全校生徒に向けてスピーチなど、自分の身の丈もあまり気にせず、率先して手を挙げ努力をしまくるというスタンスを高校生活では貫いてきました。大成功したものもあればもちろん大やけどしたこともwその中に劇もありました。きちんとした部活もなかったので感覚だけで乗り切りましたけど不完全燃焼感は否めず、もう劇なんかするなんて絶対に言わないとまで思ってたくらいです
そして並行してやっていた大学受験も終わり、同志社大学に入学することになりました。サッカーが大好きでバトミントンもやりなれていた自分にとってスポーツ系のサークルに入って四年間過ごすことになるというのが自分の中で至極妥当な道だと考えていました。そしてフットサル系のサークルに二つ入り、楽しく汗を流していたのですが、四月の間中よくわからない違和感を感じていたのです。何かまだやりたいことがあるんじゃないかと思い家に帰って保管していたビラが入っているファイルを確認したところ、そこで自分が捨てずに持っていたビラが、なんと同志社小劇場ではない劇団でした(ショウゲキじゃないんかいw)。そこでもう一度よく探しなおすと、学校が配布してくれたサークルの冊子の演劇のサークル特集のページの同志社小劇場の欄に青ペンで丸をしていたのです。(フットサルのサークルと一緒に入りたいサークルマークとしてつけていました)そのとき、不完全燃焼に終わった演劇の過去と形に残るものを人の前で披露したいという欲求がつながり、後先考えずその場で入りたいという旨をメールで送ってしまいました、これがのちの偽名事件へとつながるわけですがw
既存のコミュニティに一人で入るときって緊張しませんか?僕はこの感情が人一倍強いと自負しています(心を開けず水球に入ってすぐやめた過去があります)そんな性格のくせに新歓行事に参加もしないっていうのは阿保としかいいようがないんですけど、オーバーホールにその状態で参加しました。死ぬほど怖かったです、直前まで帰ろうかと思ってました。どんな人がいるの?変な目で見られないよな、その不安はざねさんに連れられて紹介してもらった瞬間、一瞬で吹き飛びました。ナニコノアタタカサって感じでした(最初に話しかけてくれたばいでんさん、そしてくっついてくれてたかずまさん、一生ついていきますw)どんだけ俺ビビりなのって実感させられました
こーいう経緯で入団しました。やっぱり感覚だけで昔やったもので太刀打ちできるわけなく毎日毎日稽古に励んでいます。どの台本をやるかで巻き起こる戦争、にこにこしながら楽しませてくれる先輩方と役に入り込んだ時の本気な先輩方とのギャップ、仲の良さ、正直学ぶことだらけです。またアキラさんにゴマをすってるなぁ!って言われそうですけどねw
自分たちで作った作品をお客さんに届けるって目に見えないおおきな責任感が付きまとっているとおもうんですよ、今はまだ足を引っ張るだけの存在かもしれないですけど、いつかはショウゲキの看板を背負えるようになれたらいいな これは中途半端なことはしないようにするという自分への約束ですかね 保証人はこれを読んでくださったあなたです!
 すごい長々と書いちゃいました。普段こういう話を自分の口からしすぎるのもあまり褒められた行為ではないのでここに記しておきます。過去の記憶っていうのは自分にとっても大切なものですから。前に進むため、時には後ろを振り返るために思い出という記憶は人間にとってかけがえのないものと記事を書きながら実感しました。
 しかし、それほど大切な過去の記憶を失ってしまった場合どうしたらいいんでしょうか、特にその記憶が何か重大な真実を抱えていたとしたら。今回の六月公演では記憶という不確かなものをめぐって人々が交錯する、そんな物語をお見せしたいと思います!!!

同志社小劇場6月公演
『ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング』
脚本:山崎彬
演出:坂本美音
演出補佐:森實春香

【日程】
6月28日(金)18時30分
  29日(土)13時/18時30分
  30日(日)13時

【料金】
前売り 300円
当日  500円
*思い出割:幼少期の写真のご提示で、300円割引させていただきます。

【場所】
同志社大学新町別館小ホール

ご予約は、当アカウントへのリプライ・DM、dshogeki@gmail.com宛のメール、
又はシバイエンジン予約フォームにて
bit.ly/2Vytlvg

次回は、、新入生最後の男子 山田悠輝さんといきたいところですが、とても深く興味深いお話をしてくださるそうなので、新入生のトリを山田さんに任せたい!というわけで同じ一回生の千夏ちゃんおねがいします!! 最後になりますがここまで読んでくださった方 ありがとうございました!

センキューひゃくはちじゅう

どうも、お初です。新入生の千田と申します。二回生です。

ブログを書く、ということなのですが人生でブログなど書いたこともないので、拙い文章で申し訳ないです。それを言い出したらそもそも演劇もやったことないのですが、いろんな新しい経験が思い出になっていくのかな、と思う今日この頃です。

さて、テーマが「思い出」ということで…
やはりそうなると、自分は若い頃を思い出します。
当時…自分がまだ大学生の頃だったと思います。

それこそ、今はもう「令和」時代ですが、それはまだ「平成」に改元される前でしたね。
振り返れば、ジョンレノンが亡くなったり、ディズニーランドが開園したり、チェルノブイリがあったり、本当に色々ありましたね。
Machintoshの初代機が発売された頃な訳ですから、今やAppleがこんなことになるなんて、当時あの不思議なテレビのような箱を見た自分には驚きです。
それこそ当時は企業の時価のランキングで、日本企業がランキングを独占、といっても誇張にならない時代でしたし、日本、中でも東京ではそこで働けばすなわち世界トップという、言われようのない自信が、あのどんよりとした街にはあったような気がします。

東京オリンピックによって、東京はよくもわるくも変わってしまった。はっぴいえんどの「風街ろまん」にもそうあったような気がします。急に音楽の話になりましたが、音楽は本当に思い出とイコールの関係です。あの曲を聞けば、当時を思い出す、という。
次の東京オリンピックまで生きている、というかまた東京でオリンピックがある、ということは甚だ驚きですが、(大友克洋さんの予想は本当に凄まじい。「AKIRA」また見よう。)次の東京オリンピックで、街が、国がどうなっていくのか、特に若い人は楽しくもあり、何だか恐怖である、そんな感覚なのではないかと、当時を振り返って思います。(といっても東京オリンピック当時、自分はまだ小学生くらいでしたが…)

音楽の話で思い出しましたが、大瀧詠一の「A LONG VACATION」や山下達郎の「FOR YOU」だったり…。当時自分は丸メガネ系の文学男子だったので、ディスコに素直に行けない、「音楽が好きだから行くんだ」とうそぶくような恥ずかしい青年でした。でも当時はそう言えた、そんな節があったように思います。メジャーな音楽なのに、それこそ世界基準で、日本らしくて、大好きでした。Timeless masterpieceとはこういうものだと、あの時代を生きたものとしては胸を張って思うわけです。まさか大瀧さんの方が先に亡くなるとは…。悲しい限りです。そんな嘘で、ディスコでも「お前らとは違うんだぞ」と、音楽に、そして自分に酔いながら踊っていたものです。そんな自分に、ナイアガラトライアングルの話をしてきた女の子がいました。ディスコにいるのに歌詞の話で盛りあって…。もう感情までは思い出せませんが、映像は何だかありありと思い出せるような気がします。
やはり僕の思い出は、音楽だと再認識しました。
長々と、すみません。ありがとうございました。

さて、全く関連性が見えませんが(汗)、僕(達)にとっても、見にきていただける人達にとっても、新しい思い出の一部に、時代や当時を思い出せるかけらになればと思い、記します。

同志社小劇場6月公演
『ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング』
脚本:山崎彬
演出:坂本美音
演出補佐:森實春香

【日程】
6月28日(金)18時30分
  29日(土)13時/18時30分
  30日(日)13時

【料金】
前売り 300円
当日  500円
*思い出割:幼少期の写真のご提示で、300円割引させていただきます。

【場所】
同志社大学新町別館小ホール

ご予約は、当アカウントへのリプライ・DM、dshogeki@gmail.com宛のメール、
又はシバイエンジン予約フォームにて
bit.ly/2VYtlvg

次回は…頼みやすいので同じく新人で後輩の悠真にお願いします。よろしく!

無感情

こんにちわ岩越信之介です。
前公演は橋本優希でした。
次回公演は山口一平です。

思い出とは感性が揺さぶられなければ存在しうることはないという見解が私にはあるので
、思い出というものは私にはありません。
end

こういうブログって誰が見てるんですかね。
貴殿のことなのですが、正直見てる人は身内に大きく偏ると思い候。
とんでもないです!!!!!
温厚さにかまけた魚なので肝臓を軽くしてしまったのかという疑問さえ投げかけてしまうのが世のコントロールきいとりますか?それなりの雷とか刺身において透明な感動が溢れ出すっていうのこぎりのようなコウモリを漕いで恋に波風させるのではないかと思います。知識の致死傷がタイヤしますのでどうか養豚場に対しての喧騒を戦争しませんように
願うばかりですね。

みんなが得たもの、喪失したものがあなたの今を構成してるんだなあ。

自分にとってはこの公演含めてあと二回で引退となります。これまで多くの人と知り合って、いろんな繋がりを持って、それをもっと大事にできたらなと少し後悔しているところもあります。しかし、私と関わってくださったみなさんにご来場いただくことができれば、涙が目からちょちょぎれんごで感動することができるのでしょう。そんな夢を見ながら本番まで駆け抜けるのです。

できるだけ多くの人に見に来ていただきたい、そして自分が二年間で得たものをぶつけられたらなと思います。

では同志社小劇場がお届けする記憶のお話「ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング」にぜひご来場ください。

6月下旬です。

予約フォームです。
https://bit.ly/2VYtIvg

次のブログは新入生です。期待の新人千田君に書いてもらおうと思います。
プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる