FC2ブログ

苦手と好きって真逆じゃないですよね。

和田見さんからブログが回ってきて、随分経ってしまいましたが、今回はちゃんと書きます。
(前回の新歓公演のブログ、書かなくてごめんなさい、、)
同志社小劇場2回生の所美華です。
和田見さんが私のことを“ストイックアイドル”(?)なんて称してくれましたが、とんでもない。ストイックな人なら、ブログが回ってきたらすぐに書くはずでしょう?


なぜ私がブログを書かないのか…それは書くということが得意でないからです。というか、私はコトバというのがすこぶる苦手でして。
最近も演出さんに「貴方の役は主人公のことをどう思ってるの?」と聞かれた時、上手く答えることができませんでした。
本当はもっといろんなことを考えているのに、それがコトバという形になってくれないのです。喉の奥に何かが詰まっているような感覚で、もどかしくなります。

演出さんの質問に上手く答えられなかったことが悔しかったので、私の考える自分の役の人物像を一度書き出してみようと試みたのですが、諦めました。
いや、諦めたというよりは、それが無意味であることに気がついたのです。
私の持っている拙いコトバたちでは、とても1人の人間を表現することはできない、と。

コトバは有限です。
この世には、名前のつかないものの方が多いと思います。
特に人格や感情は、コトバで表せないものがほとんどではないでしょうか。
だから私は、自分の役を私のコトバで縛りつけないことにしました。コトバにしたら、彼女が人間らしさを失う気がしたのです。


そんな苦手なコトバを、すごく素敵だと思う瞬間があります。
それは、コトバを上手く使いこなす人たちの表現に出会ったときです。
彼らは、私以上にコトバをたくさん持っているのはもちろん、有限のコトバを操り無限に表現します。

例えば、今公演にも登場する、翻訳という仕事を受け持つ方の場合。
私が感動したのが、有名なミュージカル映画の題名、“Singin' in the Rain”。
馬鹿な私でも訳せるほど、簡単な英語です。「雨の中で歌う」とか、そういう意味でしょ?
その映画の日本語の題名は『雨に唄えば』。
とても素敵だと思いませんか?私はとてもじゃないですが、そんな訳し方できません。

そして、今公演の主人公であるフランツ・カフカもコトバの名手です。
劇中、何度かカフカの小説を朗読するようなシーンがあるのですが、それがすごく素敵で、ドキドキ、ゾクゾクします。(ああ、語彙力、、)
彼の力強さと儚さが伝わってくるようなコトバたち。
皆さんにも、是非この感覚を味わっていただきたいです。


さて、長々とすみませんでした。なんせコトバが苦手なものですから…
とはいえ、私も役者の端くれです。コトバにできない人格や感情を、セリフというコトバに乗せて、皆さんに届けられますよう、頑張ります。
(もちろん、セリフ以外にも表現するところはあるわけですが、、)
7月6日から8日まで、同志社大学新町別館小ホールにて、カフカの世界を体感しに、是非お越しください。お待ちしております!
スポンサーサイト



グレーテストコントマン

ブログ回って来ました。三回生の和田見です。四月の新歓公演が終わり、気づいたら6月公演が終わろうとしています。


今回の公演はぼくのコントショーといっても過言ではないくらい飛び道具飛び道具しており、役者なのか役者の中に紛れ込んだ芸人なのかわからなくなっています。頑張ってます。


新入生はいい人多くてホッとしてます。この歳になると、新しく人と関係を作るのがしんどいな、と感じがちですが気軽にお話しできて楽しいです。三回生になって集大成のような役数に恐れおののいていますが華々しく散れるよう頑張りたいと思いますのでよろしくおねがいします。

次は同志社小劇場のストイックアイドル所ちゃんにまわします。

めいちゃんからバトン受け取りました!同志社小劇場三回生の泉ゆいです。英文科で英語詩やってます。シェークスピアとかそういう感じのやつです。
ところで私最近ラップにハマったんです。ラップいいですよ!私ラップってずっとYOYOいってる感じの想像してたんですけど思ってたより日本語喋ってていいなって思いました。韻踏むじゃないですか?ラップって。だからかわかんないんですけどめっちゃ聴きやすいんですよ。あとなんか早口なんとか多いんですけど人によってはラップ独特のリズム踏んでんのになんていってるか聞き取れたりしてすごいなーって思います。私よくお風呂場で歌うんですけどラップを、全然舌がまわんないんでこういう人らって滑舌めっちゃいいんやろなって思うんです。
今回の劇でもなんせ海外が舞台の演劇なんで普段耳にしないような名前がふんだんに出てくるんです。滑舌良くなるよう頑張ります。


お疲れ様です!あやかさんからバトンを受け取りました、めいこと奥田さつきです。


最近ブログを読んでいると、新入生が充実した時間を過ごせているんだな~と感じれて嬉しく思っています。


ブログは2回目です、がほんとに何を書けばよいのやら、、悩みます、、


というわけで、新顔もいらっしゃることなので忘れがちな私の本名「さつき」の由来について。人見知りの私が勇気を振り絞って笑いをとりにいった高2の自己紹介を引用します。


まずひとつめ、5月生まれなので5月は「さつきの花」が綺麗に咲くことから綺麗な人可愛い人になるように、というものです。ありきたりな感じです。


つぎに、「となりのトトロ」です。トトロの姉妹は5月生まれだそうで、そのお姉ちゃんの方「さつきちゃん」のようにしっかりした女の子になるように、という意味が込められていました。

これが問題なのです。姉妹2人とも5月生まれなのにお姉ちゃんの方を選んだのです両親は。まさか私が「しっかりしてる」とは縁遠い人間になるとは思わずに。ごめんなさい、「さつき」なのにお姉ちゃんの素質がなくて。

そして、私は高校から見事に「めい」というあだ名をつけてもらいました。名付け親の子は、5月=Mayで「めい」とつけてくれたのですが、まあ見事にトトロ事件と被ってネタのようになったというわけです。


では、私の自己紹介はこの辺で終わりにします。読んでくださった方はありがとうございます。


そしてそして、同志社小劇場7月公演『カフカズ・ディック』ぜひとも、よろしくお願いします✨


次は、面白くてかわいい大先輩、泉さんにお願いしたいと思います!

岩越からブログが回ってきた。

岩越からブログが回ってきた。


なに書こう。

てかいつまでたっても大谷さんて呼んでくるじゃん岩越。前もこんな話したな。


でも思えば中学も高校も仲良いのにあやかって絶対呼んでくれない友達とかいたわ。
多分大谷顔なんだ。
うちが悪いね、ごめん岩越。


で、なに書こう。



こないだ、お母さんから電話がかかってきて、教習所の合宿の手続きがどうだとか、銀行にお金入ってなさすぎ、とか、学校行きなさい、とか、大学の同窓会に行ってきた、とか、もろもろの話を聞き終えたあと、兄が就活に落ちまくって、元気がなく、痩せ細ったと教えてくれた。そんな!


年が1個しか違わないから、ちっちゃい頃、ケンカばっかでめちゃ仲悪かったけど、ある日、泣きながら部屋に入ってきて、何事かと思ったら、『これ読んだ方がいい』って『フランダースの犬』を渡してきたあの兄が!

この人は見た目ではわからないけど純粋な心の持ち主なんです!どうか使ってやってください!と、このエピソードを面接官に聞かせてやりたいけど無理なのでなんとか頑張って欲しい。



ここまで書いて、そういえば兄は小劇場のTwitterをフォローしていた事に気付いた。
これを見たら久しぶりに連絡でもしてね。



私は3人兄弟なので、ついでに妹のことも話しておくと、電話が苦手な私が、唯一暇な時に電話をかけるのが妹だ。
自分でかけたにもかかわらず、『で、何の用事?』って聞く世界一つまらないボケを妹は毎回電話をブチ切らずにちゃんと返してくれるので、嬉しい。
ごめんね、姉ちゃん暇なんだ。



これは良い感じに私の家族愛が出ているような、、。


これでいこう!おわり!


3回 大谷

次はめい!がいいな!
プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる