FC2ブログ

臆病な自尊心

名古屋の渡辺は博学才穎、平成の末年、若くして名を同支社に連ね、ついで同支社小劇場に補せられたが、性、狷介、自ら恃むところ頗る厚く、大学生に甘んずるを潔よしとしなかった。いくばくもなく単位を落した後は、京都、今出川に隠遁し、人と交まじわりを絶って、ひたすらニートに耽った。しかし、両親は容易に許さず、仕送りは日を逐うて少なくなる。彼がその無為無聊の生活の中に、己の自尊心を如何に傷つけたかは、想像に難くない。彼は怏々として楽しまず、狂悖の性は愈々抑え難がたくなった。暫くの後、出町柳まで旅に出、鴨川の畔にパリピを見止めた時、彼は遂に発狂した。丁度夜半、急に顔色を変えて橋の欄干に手をかけると、何か訳の分らぬことを叫びつつそのまま下に飛び下りて、闇の川の中へ駈け出した。彼は二度と戻って来ず、その後渡辺がどうなったかを知る者は、誰もなかった。
その時渡辺は自らの姿の変貌するのを聢と覚えていた。変貌というのはその晩鴨川にて、確かに彼は自分の名前が呼ばれるのを聞いていた。声に応じて橋へ出て見ると、声は闇の中から頻に自分を招く。覚えず、自分は声を追うて走り出した。無我夢中で駈けて行く中(中略)明るくなってから、水上に臨んで姿を映して見ると、既に妖となっていた。
かくして、彼は神出鬼没の妖怪、渡辺孝文へと成ったのだった……


何か書こうとも書けず、無駄に日付がたってしまい(ごめんなさい、本当にごめんなさい)、前回の奈良の締めを引継ぎさらには往年の名分にあやかったものの、尚以って自分の文章はままならない。というか投稿として全然量が足りない気がする。何かついでに書き足さなければ。ヤバイ。
上の文章は当然ですが、中島敦の小説、山月記のものですね。高校教科書に必ずといいってもいいほど転載されている文章でもあります。
高校の現代文といえば、これと夏目漱石の『こゝろ』が有名ですが、やはり古今東西うら若き高等学生の見本となってきただけありますね、どちらもとても綺麗な文章をしています。日本語の妙なる響きを、麗らかに、小説の野辺に鳴らしています。
そんな綺麗な文章を詠むと、ついつい真似をしたくなります。
特にこゝろは、初めて読んだ時に、思わず感動してしまって暫くその言葉使いが文章に出しまいました。やっぱり(誰にとっても無く自分にとってやっぱりなのですが)、日本語の美しさみたいなものには惹かれます。
そういった美意識みたいのものって、むしろ僕なんかより全然、特に演劇をやってるに人は、強く持っている方が多い気がします。自分の世界が強い人っていうのは、そういう人なんだあと感じます。

分量をそこそこ稼いだ所で、次のざねにバトンタッチです!1回生、森ざね(漢字が出て来ない)さんです!よろしくお願いします
スポンサーサイト



前歯の幅がさけるチーズと一緒



そうなんです。
こんばんは。2回生の奈良です。


稽古はいま5週目。
人ならざるものたちがいっぱい出てくる戯曲なので、魑魅魍魎が跋扈する稽古場で日々を過ごしております。たのしい。

お題は「稽古状況や近況」てことなんですが、なにもこれ、語るのは自分の近況でなくてもよかろうということで、妖怪界の近況について。



ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー



今公演には実に個性豊かな日本の妖怪たちが登場する。今回はそんな日本の妖怪たちについて、こないだふと思ったこと。


古来より日本では、長い年月を経た道具には神や精霊のようなものが宿ると言われている。俗に言う"九十九神(つくもがみ)"である(付喪神とも)。


昔の妖怪絵巻やら百鬼夜行絵図やなんかには、鍋やら傘やら琵琶やら実に多種多様な九十九神たちが、なんだか楽しそうにいぞいぞ行進してゆく様が描かれている。
人間にちょっかいを出したり悪さをはたらいたりすることもあるそうだが、なんだか憎めないルックスをしているのである。


物に九十九神が宿るまでに必要な長い年月というのは、諸説あるが100年やそこらが相場であるらしい。調べてみて、はたと思った。



現代のシティーライフに、九十九神の入る余地は殆ど無いのではないか。



続々と新機種が発表される家電、ファストファッションで揃えた今季のみ着られればよい流行の服、詰替できない設計のボールペン、割り箸…
物の生産消費廃棄らへんのサイクルが、九十九神が身近であった時代に比べ、はるかに早くなっているのである。


やっとこさ今年で生誕20年を迎えた私であるが、果たしてそのほとんどの年月を共に歩んだ物はあるか。また、現在私の部屋に収まっている物たちの中で、10年後も共にいる物は果たしてどれだけあるか。考えてみると、そんなのほんとにほんとにごく僅かであることに気づく。


九十九神が宿る前に、この世とさよならする物たちばっかりではないか。



こんなんでは九十九神界に新たなメンバーが加わるのも極稀であるに違いない。九十九神界も今や少子高齢化社会である。
九十九神が絶滅危惧種にリストインする日も近いのやも知れぬ………



そんなことを考えつつ歩っていた
稽古からの帰り道であった。



今はもう出逢うことのない、何処に行ってしまったのか知る術もない、しかしかつては確かに我々と共に生きていたであろう日本の妖怪たち。
彼らに思いを馳せつつ観劇していただくのも、ひとつおすすめの楽しみかたであります。



同志社小劇場引退公演
『ゲゲゲのげ〜逢魔が時に揺れるブランコ〜』
作 : 渡辺えり 演出 : 和田見慎太郎
日時 : 10/20(金)18:30
10/21 (土)13:00/19:00
10/22(日)13:00
会場 : 同志社大学新町別館小ホール



ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー



さて、次回のブログは今公演が初舞台である、なべ、こと渡辺に託します。
彼は気がつくとどこかへ消え、いつの間にかまた現れており、まさに神出鬼没であります。彼も妖怪なのやもしれませぬ。

1日1チュロス

久米さんからバトンを受け取りました、チュロスが似合う間宮です。
生協に売っているチュロスは、小腹が空いた時についつい買ってしまいます。お茶を買いに購買に入ったのに、チュロスを持って出たりします。(嘘です。)
実は先日、同志社小劇場のOBでもあるヨーロッパ企画さんの『出てこようとしてるトロンプルイユ』を観てきました。なんだか劇場を一体とした、アトラクションに乗っているようなそんな舞台でした。中盤から終始笑い声が絶えず、とても面白い舞台でした。
ぼくがヨーロッパ企画さんを知ったのは一昨年(高3)の夏休みでした。そして、その年の学園祭で『サマータイムマシンブルース』を上演させていただきました。その時の観客からの笑い声や「お〜」といった反応の1つ1つが喜びや達成感となりました。
さて、今回の『ゲゲゲのげ』ではお客さんに何を伝えられるのでしょうか。人それぞれ異なると思いますが、作品を通して伝える。その1つの要素になれるよう残り1週間半頑張って行きたいと思います!
では、次のバトンは舞台のメインとしても日々、黙々と頑張ってくれている奈良に繋ぎます!
『ゲゲゲのげ』の世界観を作る舞台も含め、お楽しみに!
(よければ合わせて『出てこようとしてるトロンプルイユ』も是非!)

何かいいことないかなーー(口癖)


所ちゃんからブログがまわってきて数日たちました

、、遅くなってすみません、、各所すみません、、
2回生のくめです

制作の方に 早急に! って言われたのに
こんな時間になってしまいました、




そういえば
家に小中高時代の交換日記が何冊かあります


全部私がストップさせてました


あのノートどこ行った?
って友達に聞かれても
しらばっくれる人生でした



飲食店でアルバイトしてるのですが

2ヶ月前まで お客さん全然来なくて
ほんとイージーなバイトだなぁとルンルンだったんですけど
最近忙しくなってきて
もう来ないでいいよ〜〜〜〜食べに来ないで,〜〜〜〜って絶対店長に言えないことを呟いちゃいます


道端で歩きたくてベビーカーに乗ることを嫌がる子供の気持ちが理解できないです

そこ かわれぇぇぇ〜〜〜!!って思います



所ちゃんが 前のブログで

「小柄でとっても可愛らしい一方、1回生の私から見ると、頼れるお姉さん的な雰囲気を併せ持つ2回生のくめさん」
って言ってくれましたが!!!
(よしよし)(今度何か美味しいモンあげるね♡)



実際はこのように基本的性質が「怠惰」な私が!

今日のバイト後!
地下鉄2駅分!歩いて!!
小道具を!!買いにいきました!!!!!パチパチ

『ゲゲゲのげ 〜逢魔が時に揺れるブランコ〜』
見にきてください!!!!!!


次は
こないだチュロスを片手に稽古場に入ってきた間宮くん!似合う〜〜!お願いします〜〜〜〜!

ダンスの巨匠なんて、とんでもない…

夏美さんからご指名を受けました、新入団員の所です。
ダ、ダンスの巨匠!?いやいや…まだまだペーペーですから!


何を書こうか悩んだのですが、せっかくダンス関連で紹介していただいたことですし、ダンスについて書こうかなと思います。


私は高校でダンス部に所属していたのですが、これでも一応日本代表としてアメリカの世界大会に出場していた事もあるんですよ。

すみません、ちょっと自慢みたいになっちゃいましたね。


前の記事で夏美さんが触れてくださった通り、私は今回の舞台で少し振り付けをさせていただいています。

でも、振りを作るのはほぼ初めてなんです。

それに劇中のダンスということもあって、考えなければいけないことが多く、正直難しかったなぁ……

その上、私は人に教えるのがすごく苦手で、振りを下ろすのにも、いろいろと苦労しました。

夏美さん含め、ついてきてくれた役者の方々には本当に感謝です…

とはいえ、まだ別の振り付けの真っ最中なんですけどね。頑張るぞ!



高校でダンスを始めたきっかけは、演劇に活かす事が出来ると思ったからでした。

今回の舞台で、振り付け等、ダンスをやっていてよかったなぁと思うことがたくさんあって。当時の私の考えは間違いではなかったようです。


『ゲゲゲのげ』、お芝居はもちろん、是非ダンスにも注目してください!

きっと本番では皆さん素晴らしいダンスを見せてくれると思いますから!!
(と、あえてプレッシャーをかけておきます 笑)


さて、次は!

小柄でとっても可愛らしい一方、1回生の私から見ると、頼れるお姉さん的な雰囲気を併せ持つ2回生のくめさん。

よろしくお願いします〜!
プロフィール
京都の学生劇団、同志社小劇場のブログです。

同志社小劇場

Author:同志社小劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる